【大学生・社会人へ】Excelの使い方を学べる上級本まとめ

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)
どうも、大学生ブロガーのSeigaです。
今回は、Excelの使い方を学べるおすすめの本を上級者の方向けにまとめました!

Excelでできることは結構多く、社会的にも活かせるスキルの1つなので、勉強をする上で本記事が参考になれば幸いです(*´ڡ`●)

こんな方に読んでほしい記事

  • 大学新入生の方
  • 理系の学部に所属している方
  • 将来、会社の管理職に付きたいと考えている方
  • データを扱う分野に取り組みたいと考えている方
  • Excelに関するスキルを高めたい方
  • 実務で実際にExcelを使っている方

(Excel上級者の方が、「目指して欲しいレベル = 書かれている内容が理解できるレベル」を示したので、ご確認下さい!)

  • エクセルマクロVBA
  • VLOOKUP,offsetレベルのエクセル関数の組み合わせ
  • ソルバー解析
  • クエリ

Excelおすすめ本【上級者向け】

Excelで操る! ここまでできる科学技術計算 第2版

Excelで操る! ここまでできる科学技術計算 第2版
この本の評価
読みやすさ
(3.5)
解説の丁寧さ
(3.5)
イラストの豊富さ
(3.0)
値段
(3.0)
網羅性
(5.0)
総合評価
(3.5)

一言でいうと

科学技術計算はこれで完璧!

初版に同じく「科学技術計算の90%はExcelで対応できる! 」をコンセプトに、理工系の数値計算はExcelでできることを実例をあげて紹介するとともに、

今改訂では理工系のみならず用いる確率論的モデル解析や固有値計算・主成分分析を追加されました。

最小2乗法、ラグランジュポイントの探索、3接円計算、鉄筋コンクリートの応力計算、非線形連立方程式、非線形最適化問題、固有値計算、正規乱数による株価シミュレーションなどの計算も行えます。

時事問題には原発事故にまつわるシミュレーションも追加し、Excelで行える応用できる範囲の大きさをますます強く体感できるます!

本書の目次

1. 方程式の解法
 1.1 ベクトル計算
 1.2 マトリックス計算
 1.3 連立1次方程式
 1.4 非線形方程式
 1.5 連立非線形方程式
2. 関数近似
 2.1 テイラー展開
 2.2 漸近展開
 2.3 フーリエ展開
 2.4 ラグランジュ補間法
 2.5 スプライン補間法
 2.6 最小2乗法
 2.7 ソルバーを用いた最小2乗法
 2.8 誤差の絶対値和を最小にする方法 (最小絶対値法)
3. フーリエ変換
 3.1 波の合成
 3.2 Excelを用いた高速フーリエ変換 (FFT)
4. 積分計算
 4.1 台形公式による無限積分
 4.2 シンプソン公式による数値積分
 4.3 数値積分によるクロソイド曲線
5. 微分計算
 5.1 ルンゲ-クッタ法
 5.2 単振り子の運動方程式
 5.3 ルンゲ-クッタ-フェールベルグ法
 5.4 2質点系ばねマスモデルの振動解析
 5.5 微分によるクロソイド曲線
 5.6 電気回路方程式
 5.7 ラグランジュポイントにおける物体の運動
6. 固有値計算
 6.1 固有値とは
 6.2 べき乗法
 6.3 ヤコビ法
 6.4 ヒッチコック-ベアストウ法
 6.5 主成分分析と固有値計算
 6.6 2質点系ばねマスモデルの固有値計算
7. モンテカルロシミュレーション
 7.1 円周率計算
 7.2 ランダムウォーク
 7.3 指数分布と指数乱数
 7.4 正規分布と正規乱数
 7.5 株価シミュレーションとブラック-ショールズの微分方程式
8. 図形計算
 8.1 2直線の交点計算
 8.2 点から直線への垂線計算
 8.3 空間の3点を含む平面の方程式
 8.4 3円に接する円
9. ソルバーを用いた最適化問題
 9.1 線形計画法
 9.2 フェルマーの原理に基づく光の経路計算
 9.3 最速降下曲線 (サイクロイド曲線) の計算
 9.4 最小作用の原理に基づく質点の軌道計算
10. 構造力学
 10.1 力のつり合いの法則
 10.2 梁の曲げモーメント
 10.3 梁の応力と断面性能
 10.4 梁に作用する軸力と伸び量とヤング率
 10.5 荷重を受ける梁のたわみ計算
 10.6 断面弾性主軸と断面2次モーメント,断面相乗モーメントの関係
 10.7 弾性主軸が傾く断面の応力計算
 10.8 ソルバーを用いた鉄筋コンクリート断面の応力計算
 10.9 ソルバーを用いた幾何学的非線形計算
11. 時事問題
 11.1 JR福知山線脱線事故シミュレーション
 11.2 地球温暖化計算
 11.3 福島原発事故の計算

著者等紹介

神足史人[コウタリフミト]
昭和49年、神戸大学理学部物理学科卒業。高等学校講師、ソフトウエア会社勤務を経て、平成5年、(有)ゴッドフット企画設立代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

理工系以外も用いる確率論的モデル解析や固有値計算・主成分分析を追加。Excelで応用できる範囲の大きさを体感できる。初版に同じく「科学技術計算の90%はExcelで対応できる!」をコンセプトに、理工系の数値計算はExcelでできることを実例をあげて紹介するとともに、今改訂では理工系のみならず用いる確率論的モデル解析や固有値計算・主成分分析を追加。最小2乗法、ラグランジュポイントの探索、3接円計算、鉄筋コンクリートの応力計算、非線形連立方程式、非線形最適化問題、固有値計算、ブラック-ショールズの微分方程式による株価シミュレーションなどの計算が行える。時事問題には原発事故にまつわるシミュレーションも追加し、Excelで行える応用できる範囲の大きさをますます強く体感できる。

購入した読者の声

エクセルでここまで、科学技術計算ができるんだと思いました。
関数計算を本中に、吹き出しで記載されているので、サンプルプログラムはダウンロードできますが、本だけでも、分かり易く、理解しやすい。
ルンゲクッタ法、モンテカルロシミュレーションなど、Ruby,Pythonで組んでいたものがVBAで組まれています。
これだけの本を書くのは大変な労力があったのだろうと思いました。
この筆者はすごい人だと思いました。

Access VBA 実践マスターガイド~仕事の現場で即使える

Access VBA 実践マスターガイド~仕事の現場で即使える
この本の評価
読みやすさ
(4.0)
解説の丁寧さ
(4.5)
イラストの豊富さ
(4.0)
値段
(3.0)
網羅性
(4.5)
総合評価
(4.0)

一言でいうと

ExcelとAccessを連携して学べる最適書

Excelは得意でも、Accessはちょっと、、、という方もおられるハズ。

Accessを使う最終的な目的は、日々の業務で利用するアプリケーション作成です。

ただし、アプリケーション作成のためにはプログラムを作成する必要があります。

本書は、AccessのプログラミングツールVBAの学習書です。

はじめての人でも、かんたんなプログラム作成から始めることで、最終的には業務で利用できるアプリケーションを作成することができるようになります。

付属のCD-ROMには、カスタマイズすることで、読者の環境でも利用できるアプリケーションが収録されています。

本書の目次

CHAPTER 1 基礎知識 Access におけるプログラミングとは

  • 1-1 VBAを学習する前に
  • 1-2 AccessにおけるVBAとマクロの相違点
  • 1-3 Access で扱うオブジェクトの理解

CHAPTER 2 Visual Basic エディター VBAの作成・編集ツール

  • 2-1 プログラムを入力するウィンドウ VBE
  • 2-2 初めてのプログラミング メッセージボックス
  • 2-3 作成したプログラムの確認 コードの書き方
  • 2-4 最初に覚えておきたい コードを書く際のルール

CHAPTER 3 フォーム プログラムのインターフェース

  • 3-1 VBAとフォームの関係 コントロールイベント
  • 3-2 フォームの作成 連結フォーム
  • 3-3 複雑なフォームの作成 親子フォーム
  • 3-4 プログラムをフォームから起動 イベントプロシージャ

CHAPTER 4 条件分岐 動きにバリエーションを付ける

  • 4-1 フォームの動きに変化を付ける If
  • 4-2 2択の動きを付ける If ~ Else
  • 4-3 3択以上の動きを付ける If ~ ElseIf

CHAPTER 5 変数 効率のよいコードにするには

  • 5-1 似ている処理を1 つにまとめる 変数
  • 5-2 変数を組み合わせる 異なる型の結合
  • 5-3 計算結果の表示 コントロールへの代入

CHAPTER 6 関数・メソッド・プロパティ プログラムに多様な動きをさせる

  • 6-1 押されたボタンで動作を変える 引数と戻り値
  • 6-2 オブジェクトに働きを与える メソッド
  • 6-3 オブジェクトの属性を取得・変更 プロパティ
  • 6-4 変数でプロパティを変える 動的変更

CHAPTER 7 デバッグとエラー処理 プログラムでエラーを出さないために

  • 7-1 プログラムを書きやすく,読みやすくするために コーディング
  • 7-2 プログラムや変数の動きを確認 デバッグ
  • 7-3 プログラムが動く順番を制御 ExitとGoto
  • 7-4 想定外の動作への対処 エラー処理

CHAPTER 8 モジュールとスコープ 似ているコードを使い回す

  • 8-1 適用範囲を知る スコープ
  • 8-2 適用範囲を知る プロシージャ
  • 8-3 いろんな場所から便利に使う モジュール

CHAPTER 9 レコードセット 繰り返しで連続処理

  • 9-1 データを簡潔に取り出すには DAOとレコードセット
  • 9-2 レコードセットを操作する SQL文の活用
  • 9-3 レコードのすべてを取り出して処理する 繰り返し処理
  • 9-4 取得するレコードセットを動的に変更する 変数の組み込み

CHAPTER 10 非連結フォームからデータ変更 追加・更新・削除

  • 10-1 非連結フォームの準備 初期化と読み込み
  • 10-2 非連結な値をテーブルへ データの変更
  • 10-3 非連結で親子フォームを再現する 1対多に対応したコード
  • 10-4 不用意な更新を防ぐ トランザクション
  • 10-5 完全版サンプル 高度な機能の実装例

APPENDIX VBAテクニック集 アプリケーションの使い勝手を向上

  • A-1 非連結フォームに小計・合計機能を付加
  • A-2 非連結フォームに保存前確認機能の付加
  • A-3 非連結フォームにレコード移動機能の付加
  • A-4 リボンやナビゲーションウィンドウの非表示
  • A-5 非連結データのADO接続での処理
  • A-6 4つ以上の分岐を読みやすく記述 Select Case
  • A-7 同じオブジェクトに関する記述を短くする With~End With
  • A-8 ルールに沿ったIDの最新値を予測
  • A-9 ファイル選択のウィンドウの表示
  • A-10 テーブルにデータが残っているかチェック&削除する
  • A-11 コンボボックスの項目を動的に絞り込む
  • A-12 VBEでイベントプロシージャを作成する

著者等紹介

今村ゆうこ(いまむらゆうこ)

非IT 系企業の情報システム部門に所属し,Web 担当と業務アプリケーション開発を手掛ける。
小学生と保育園児の2 人の子供を抱えるワーキングマザー。

購入した読者の声

Accessは難易度の高いソフトです、それゆえ実務で活躍してくれます。Accessの応用において初めて利用する者の身になって執筆していて、これ以上の解説書はないと思えるくらいです。今村ゆうこのAccess書は他にも購入しましたが、とにかく解りやすい。

Excel×Python最速仕事術

Excel×Python最速仕事術
この本の評価
読みやすさ
(4.5)
解説の丁寧さ
(4.5)
イラストの豊富さ
(4.0)
値段
(3.0)
網羅性
(4.0)
総合評価
(4.0)

一言でいうと

Pythonで汎用的な知識を!

「ExcelをPythonで自動化」なんていうと難しそうに聞こえるかもしれません。

でも、実はどのプログラムもものすごくシンプル。

すでに身に染みついているExcelの手作業を基にしているので、プログラムを読んでいるだけでも「何をやっているか」がリアルにわかるのが本書のミソ!

初級者の方でももちろん取り組めますが、上級者の方は知見を広げるためにやってみるのもアリかと思います。

本書の目次

【第1章 Pythonとは】
なぜPythonを使うのがいいのか/VBAではなくPythonを使う理由/Pythonの環境を作る、など
【第2章 Pythonとプログラミングの基本】
Pythonの文法/変数とデータ型。変数名の付け方/様々な演算子/組み込み関数とオリジナルの関数、など
【第3章 Excelシートを扱う】
・定型のExcelデータ(売上伝票)を読み込んで一覧データを作るプログラム
・外部ライブラリ/if文による条件分岐/for構文による繰り返し処理/読み込むセル範囲の指定方法/CSV形式で出力する/ネットワークにあるデータを扱う/パーミッションエラー対策、など
【第4章 集計】
・個々の伝票から売上を集計するプログラムと/受注データをクロス集計するプログラム
・辞書形式のデータ/2次元リストの使い方と初期化/Excel関数の埋め込み/ピボットテーブルもPythonで、など
【第5章 書式設定と印刷】
・集計表に書式を設定するプログラム
・import文の便利な書き方/行と列の非表示を制御/セルの書式設定総まとめ/罫線を自動で引く/ファイル制御に必要はraw文字列/いろいろなセル範囲の指定方法/条件付き書式をPythonで、など
【第6章 グラフ】
・ビジネスでよく使うグラフを作るプログラム
・棒グラフ/積み上げ棒グラフ/折れ線グラフ/面グラフ/レーダーチャート/バブルチャート、など
【第7章 PDF出力と加工】
・複数の納品書データをまとめてPDF化するプログラム
・テキストや画像をレイアウトしてPDFを作成するプログラム
・COMを使ったExcel操作/win32comのインストール/VBAを応用する方法、など

全オフィスパーソン必読!
Excelの面倒な操作はパソコンにやらせよう

ビジネスパーソンが必ず使うExcelは、面倒な手作業が多いのが残念なところ。いくら操作を効率化しても、マウスやキーボードでの作業がなくなりません。決まったセルの範囲を別のシートの決められたところにコピーしたり、毎月のデータをグラフにしたり……。1回だけの作業だけならまだしも、部署別や事業所別にほとんど同じ作業を何度も何度も繰り返すような作業もしばしば。オフィスでのパソコン操作には、こんな無駄がたくさんあってうんざりしている人は多いでしょう。抜本的に解決するは、操作方法を工夫するだけでは追いつきません。

そんな単純で面倒な作業は、Pythonで自動化しましょう! 一度、自分の作業に合わせて自動化すれば、どんなに大量のデータでもパソコンにすべてまかせてOK。自分は他の仕事を進められます。
今から始めるならVBAよりPythonがお薦め。
――Pythonを学びながらExcelを効率化するか。
――Excel業務を自動化しながらプログラミングも身に付けるか。
どちらにしても“一石二鳥”なのは間違いありません。

プログラミングをやったことがないという人も多いでしょう。普通のビジネスパーソンがプログラミング未経験なのは当たり前。でも、大丈夫。必要な基礎知識をさっと身に付けられるよう、簡潔に解説。ざっと一読するだけでプログラミングの基本が学べます。

「そうは言っても、プログラムをイチから書くのは大変そう」。そんな心配はご無用です! 本書で取り上げたサンプルプログラムはダウンロードしてすぐに利用可能。実際の業務に即したプログラムなのに加え、どこをどう書き換えれば、手っ取り早く自分の業務に応用できるかもできる限り解説しました。プログラムによっては、ほぼ無改造で即業務に役立てられるものもあります。

「どうせならじっくりプログラミングを勉強したい」。そんな人は各章の後半を重点的に読んでください。各章のサンプルプログラムで使われているテクニックをより詳しく、深く解説。必要に応じて、学習用のシンプルなプログラムも提供しています。簡単なプログラムでも、自分で書いて動かせば学習効果は抜群。基本をしっかり身に付ければ、自分のアイデアを生かしたオリジナルのExcel自動化プログラムも可能です。

ちまちました手作業のせいで無駄な残業をするのはもうたくさん。すぐに業務に役立てたい人にも、ディープに学んで高度に自動化したい人にも、本書がきっとお役に立ちます。単純で面倒な作業はパソコンに片付けてもらって、さっさと帰りましょう!

購入した読者の声

Excelでの集計、印刷、見える化(グラフ)まで出来てしまうので、即業務に適用できます。
ルーチンワーク的な事務作業に時間を取られているのは、もったいない。
そう感じていても、どのようにすればカイゼン出来るのか悩んでいたところに、、、
マイナーなVBAではなく、メジャーなPythonでプログラミングを学べるので、可能性は無限大!!!

Excel関数・VBA逆引き辞典パーフェクト 第3版

この本の評価
読みやすさ
(4.5)
解説の丁寧さ
(4.0)
イラストの豊富さ
(4.5)
値段
(3.0)
網羅性
(5.0)
総合評価
(4.5)

一言でいうと

1冊は必ず欲しい逆引き辞典

Excel関数逆引き辞典パーフェクト 第3版 内容

「関数」の知りたいことが必ずみつかる! ロングセラー「逆引き辞典」がExcel2016に対応しました。
Excelの関数はバージョンを重ねるごとに拡大し、最新版では450種を超えています。膨大な数の関数をすべて頭に入れて使いこなすのは至難の技。そんなとき、知りたい時に即座に調べられる本書が役立ちます。掲載しているテクニックはなんと700超え。関数のあらゆるテクニックを網羅しているので、基礎を知りたい人から会社のデータを効率よく分析したい人まであらゆるニーズに対応しています。目的引きや用語インデックスも充実しているので、職場に置いておけば安心です。巻末には全関数の種類、機能、対応バージョンを掲載。もちろん最新のExcel2016の新関数も紹介しています。
情報量だけでなく、実用性も徹底。関数の実例すべてに実際のExcel画面を掲載し、「どのセルに」「どのような数式を入力すると」「どのような結果が得られるか」をわかりやすく説明。そのすべての例にサンプルデータが用意されているので、すぐに業務に活かせます。Excel初心者も、日常的に関数を使っているビジネスマンも満足できる1冊です。

Excel VBA 逆引き辞典パーフェクト 第3版 内

業務自動化やデータ分析の重要性が高まるにつれ、Excel VBAの存在感が増しています。本書はこれまで、VBAの「座右の書」として多くの方々に利用されてきました。第3版ではExcel 2016に対応。さらに、近年利用機会が増えている「テーブル」操作を追加しました。630にもおよぶ項目数で、VBAにまつわるすべてを網羅。各項目で使用したサンプルファイルをダウンロードすれば、操作しながら理解を深めることができます。日本で初めてExcel部門のMicrosoft MVPを受賞した著者が、本当に使えるテクニックの数々をわかりやすく解説しています。デスクに必ず置いておきたい一冊です。

【本書のポイント】
★項目数がパーフェクト!
630にもおよぶ圧倒的な項目数で、「知りたい! 」「困った! 」をズバッと解決。

★解説がパーフェクト!
ポイントを押さえたわかりやすい解説で、自分で応用できる知識が身につきます。

★充実のサンプルでパーフェクト!
各項目のサンプルをダウンロードできるので、操作しながらVBAを深く理解できます。

★使いやすさがパーフェクト!
目的別だから、目次でピンとくる! 関連項目や用語インデックスも大充実。

【購入者特典】
サンプルダウンロード(掲載している例すべて)

Excel関数逆引き辞典パーフェクト 第3版 目次

第1章 数式の基本
第2章 表の集計
第3章 数値処理
第4章 日付と時刻
第5章 文字列操作
第6章 条件判定
第7章 表の検索と操作
第8章 数学計算
第9章 統計計算
第10章 財務計算

Excel VBA 逆引き辞典パーフェクト 第3版 目次

第1章 セルの操作
第2章 ブックとシートの操作
第3章 ファイルの操作
第4章 グラフとオブジェクトの操作
第5章 メニューの操作
第6章 UserFormの操作
第7章 プログラミング
第8章 高度な使い方

【付録】
1)グラフを表す定数一覧
2)系列内のパターンを表す定数一覧
3)オートシェイプの種類を表す定数一覧
4)オートシェイプのスタイルを表す定数一覧
5)データラベルの表示を表す定数一覧

購入した読者の声

ある程度 Excel が使えるようになって、とりあえず 7~8 割がた目的の処理が行えるものはささっと作れるけれど、これまでやったことがないことを入れ込みたい…といったような人にこそ、逆引き辞典は役に立つかと思います。
Web で逆引きと同じように「○○したい Excel」といったように検索をすれば、確かに情報としては得られますが、解説には微妙に筆者なりのお作法的な部分が含まれていたりしますので、書籍であれば基本的にそのあたりが統一されているのでわかりやすいのもメリットかと思います。
辞典なので、全てを使いこなす必要はなく、必要なときに必要な情報を得られるだけの密度があれば良く、自分的には満足していますし、同じ著者の初心者向け VBA 本は新人に渡していたりもしていろいろとお世話になっています(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございます!

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。