YouTube予備校「ただよび」理系チャンネルで数学を鍛える

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)
どうも、大学生ブロガーのSeigaです。
今回は、YouTube予備校「ただよび」理系チャンネルの数学について詳しく解説していきます!

こんな方に読んでほしい記事

  • YouTube予備校「ただよび」に興味のある方
  • YouTube予備校「ただよび」理系チャンネルで数学を学んでいる or 学ぼうか悩んでいる方
  • YouTube予備校「ただよび」理系チャンネルの今後が気になる方

YouTube予備校「ただよび」理系

永島豪先生ってどんな人?

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)
YouTube予備校「ただよび」理系チャンネルで数学を教えておられるのが、永島豪先生!

永島先生はどんな方なのか?解説します(*´ڡ`●)

永島豪先生の特徴3つ!
  1. 元航空整備士
  2. 超丁寧な授業
  3. 全国高校生の救世主

京都大学大学院卒、元航空機整備士と異色の経歴を持つ。
駿台では13年間教壇に立ち、基礎レベルから最上位レベルまで担当。季節講習や教員向けセミナーで締切続出の超実力講師。
丁寧な説明、きれいな板書、やさしい口調の関西弁の授業は、生徒はもちろんのこと、学校の先生からの評価も高い。日本全国の高校生を助けたいという強い気持ちから、15年前に数学のまとめである「ポイント集」をウェブとYouTubeで公開。そして、満を持してYouTubeの予備校「ただよび」に参戦!大手予備校で基礎レベルから最上位レベルまでどのレベルの生徒からも支持を集めてきた本格派の授業をYouTubeを通じて完全無料公開!

(今回は永島先生の特徴3つ目について書いていきます!さらに詳しく永島先生について知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

YouTube予備校「ただよび」の永島豪先生ってどんな人?

永島先生は、受験に悩む高校生・浪人生に向けて、ポイントをまとめたホームページを創設されています!

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)
永島先生のホームページのURLを載せておきます!

「ただよび」同様、タダで見れます!

参考 永島先生のホームページ大学受験 高校数学 ポイント集
永島先生の高校生・大学受験生に対する熱い思い!

全国の高校生・大学受験生が,一人でも多く

このポイント集をたくさん見て,志望大学に入学してくれること

を目標に作っています.万人に通用する素直な解法をとっています.

参考書でもいいのでは,と思いますが,多くの参考書は

  • ずらずらと書いてあり,検索しにくい
  • なぜそんな事をするのか理由が書いていない
  • 素直な解説ではなく,売るための解説になっている
  • 知りたい背景知識が書いていない
  • 紙面の制約により,別解などが省かれてしまっていることが多い
  • パソコンで打つときに面倒な,図や表が省略されてしまっている

という欠点があります.
本書が上の全てを解決しているとは言いません.
ただ,少しでも力になれればと思って作り始めました.


多くの数学の授業は字が汚い」「言葉による説明が少ないという2大欠点を抱えています.驚くほど字が汚かったり,数式だけの黒板だったりします.
全国の皆さん,ポイント集と共に理解を深め,是非とも本物になって下さい!そして大学受験を乗り切って下さい!

(大学受験 高校数学 ポイント集 参照)

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)
永島先生が大事にされている考えを紹介します!
永島先生が一番大切にしていること

ひたすらにひたむきに

努力してほしい、そして努力した人が報われてほしい

努力をせずに世の中上手く渡り歩く人もいますが、自分はあまりそうではなかったので

努力した人が良い点数になって評価されるように!

これが自分の望んでいることです。

苦手なことをやるには忍耐をしなければならない。努力が必要なわけです。

そこもちゃんと乗り越えていってほしいし、

予備校とかで上辺だけのテクニックとか、そういうのももちろん大事ですけど

その裏に泥臭い地道な遠回りがある。

なるべく省エネで最短ルートばっかり走ろう走ろうとするよりかは、

努力をちゃんとしてほしい

YouTube予備校「ただよび」の永島豪先生ってどんな人?

数学を学ぶワケと今後の予定

数学必須事項まとめ

数学ⅠA:48個

数学ⅡB:68個

数学Ⅲ  :88個

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)
今後はこの数学必須事項まとめに従って、授業は進んでいきます!

なぜ全員が数学を学ぶのか

なぜ全員が数学を学ぶのか

仕事を確実にこなすため

〈以下、永島先生談です〉

数学の大きな特徴は、確実に計算をやらないと答えが合わない!

「確実に何か作業をしていく」ことを育む教科だと思います。

社会人として働く上で、数学を使わない仕事をやっていました。

(当然、sin, cos とかは使いません)

ただ、数学はやっぱり要るという場面がいくつかあります!

例えば、給料

何でか分からないけど、今月給料が少なかったとする。その理由が、、、

ゴメン計算ミス!

いやちょっとまってくれよ(泣)ってなりますね。

他には、家を建てるとき

あれぇ、なんか柱傾いてるなぁ、、、

ゴメン計算間違えた!

ガーーーン_| ̄|○

(この程度で済んだら良いのですが、命に関わるミスに繋がる恐れがありますね)

やはり、仕事を確実にこなすことは大切ですね!

少々大げさかもしれませんが、、、

仕事を確実にこなすことが、日本の生産能力に直結すると思うんです。

さらに言えることは、、、

教える側の先生の責任が重大である!ということ。

(やはり大げさだという方もおられると思いますが、永島先生はこんな思いで数学を教えておられます)

先生方が数学を丁寧かつ確実に教えていくことが大事(*´ڡ`●)

授業を進めていく中で、永島が授業を丁寧に確実にやっているなぁと感じていただければ幸いです。


最後まで読んでいただきありがとうございます!

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。