現役大学生が思う『言語とコミュニケーション』について

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)

どうも、大学生ブロガーのSeigaです。
今回は、『言語とコミュニケーション』に関する押さえておきたい事項をまとめました(*´ڡ`●)
現代文でもよく扱われるテーマなので参考になれば幸いです!

テーマとしては難しいなぁと感じる方が多いと思います。

僕自身理系で、全く言語学的なことは分かりませんが、様々な本を読んで学んでいく中で

これは持っておいたほうが良いなという知識をまとめましたww

言語とコミュニケーション・認知と科学・人間Ⅰ

言語とコミュニケーション・知と科学・人間

人間=言葉を使う動物

人間と他の動物の違いは何でしょうか?

これについては様々な答えが考えられますが、その模範解答の1つは、

人間だけが言葉を使う動物であるということ!

例えば犬や猫は、目の前に食べ物があったら本能に従ってそれを食べるだけですが、

私たちは、「おいしそうだ」「後で食べることにしよう」などといったことを考えてしまいますww

このとき私たちは、否応なしに言葉を使っています。

つまり人間とは、言葉を使わないと考えることがなかなかできないような存在ですね。

しかもその言葉とは、個々の人間の内にあるものではなく、私たち一人一人が生まれる前から、ある社会や共同体の中で、共通の約束として使われていたものです。

そして私たちは、そうした言葉を母語として習得しながら育っていく。

だから、私たちの心は母語や国語などによって形作られているとも言えますね!

言葉は理性であり、それは知性を生む

ギリシャ語では、「言葉」のことも「論理」のことも「理性」のことも「ロゴス」といいます。

このことから分かるように、人間にとって言葉の獲得とは、論理的な思考能力を獲得することでもありました。

そして人間は、自ら身につけた知性によって様々なものを認識分析するなどして体系的な知の世界を作り上げ、テクノロジーなどを生み出していきました!

しかも、近代と呼ばれる時代の到来とともに、人間の理性や知性といったものは、かつてないほどに重んじられるようになっていきました。

「近代=ロゴス中心主義の時代」ということができるでしょう。

近代的知性の本質は、あえて言えば「分ける」ことにあります。混沌とした世界を言語によって分節し、概念を作っていくことが、近代的な知の特徴です!

だから近代の自然科学においては、物質を、それを構成している分子・原子などへと細かく分けていけば、その本質が明らかにされると考えられています。

STEP.1
人間と言葉
  • 言葉を使って考える
  • 言葉によって精神が形作られる
STEP.2
知の獲得
 

理性(論理)的な思考の獲得

      ⇩

科学的な知やテクノロジー

STEP.3
近代
 

人間の理性こそが、最も価値あるものとされる

言語とコミュニケーション・認知と科学・人間Ⅱ

言語とコミュニケーション・知と科学・人間Ⅱ

近代的な知の見直し

ところが19世紀後半頃から、ロゴス中心主義的なあり方への反省が叫ばれるようになりました。

人間の心の働きにおいては、理性ばかりではなく感性も重要なのではないか?

科学やテクノロジーが発展すれば人間が幸せになれるというのは、単なる幻想ではないか?

はたして近代的な知性だけが知性と言えるのか?

こうした問題がクローズアップされる様になってきました。

人間の創造的な把握へ

こうした考え方は、人間とは何かといった問題への考察にも自ずと繋がっていきます。

例えばそれまでは、人間は心身二元論的にとらわれることが多く、

人間は精神と肉体という2つの別のものからなるという考え方です。

もしそうならば、精神は文学や哲学によって考察されればよいし、肉体は医学生物学によって考察されれば、それで事足りるということになってしまいます。

しかし、人間とはもっと複雑な存在であり、精神と肉体との総合である「身体」的存在ではないのか?

こうした問題が新たに提起されるようになりました。

しかも現代では、人間が完結した存在として捉えることは殆どなくなってきています。

たしかに私たち一人一人は自立した個人であるべきですが、そんな私たちは共同体や社会の中で、他者とともに生きていくしかありません。

私たちはいわゆるアイデンティティも、他者や社会との関係の中で形成されるのだ。

以上のことからも分かるように、人間とは複雑な総合体というべき存在なのです!

例えば、嫌なことがあってどうしても外出したくないとき、本当に頭やお腹が痛くなったりしたという経験はないでしょうか?

これは、人間の心と体が分かちがたく結びついたものだということであろう。

しかもそうした人間の心は、言語によって形成され、他者や社会との関係の中で規定されます。

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)

現代文では、こうした複雑な存在としての人間のありようが考察されます

STEP.1
前近代の人間観
 

  • 人は神の作った世界の中で生きる
  • 「個人」という概念が希薄
STEP.2
近代的な人間観
 

  • 自立した「個人」
  • 健全な肉体に理性的な精神の宿った人間が理想的
STEP.3
現代の人間観
 

  • 心と体を併せもった「身体」的存在
  • 他者や社会との関係によって形成される複雑な存在

赤文字で書いた単語を詳しく見ていくことで、より『言語とコミュニケーション』についての理解を深めていきます!

「分節」による「概念」化

「分節」による「概念」化

概念

 物事の概括的な意味内容。「概念をつかむ」「文学という概念から外れる」

 《concept》形式論理学で、事物の本質をとらえる思考の形式。個々に共通な特徴が抽象によって抽出され、それ以外の性質は捨象されて構成される。内包と外延をもち、言語によって表される。

 

分節

 全体をいくつかの区切りに分けること。また、その区切り。

 《articulation》個々の音をはっきり発音すること。また、音声を出すための音声器官の調節や運動。

 《syllabication》音節に区分すること。音節に分けること。

 心理学で、統一的・全体的構造をもつものの部分は、独立した要素として分割できず、全体性の分化としての構成要素であること。

例えば自然界には様々な色が存在していますが、人間はそれらの色について、

こういった色は赤と呼ぼう、こういった色を黄色と呼ぼう、こんな色は青と呼ぼう、、、

といった具合に「分節」していきました。

こうして様々な色の「概念」が作られてきたワケです!

したがって、言語が違えば分節の仕方も違ってきます(゚д゚)!

そして大げさに言えば、言語による分節の仕方が違えば、世界の見え方も違ってきます。

例えばフランス人は、日本人が「ご飯」「おかゆ」「おこわ」などと様々に呼び分ける食べ物のことを、

すべて「米料理」と呼びます。

私たちが異なる料理としてみているものを、彼らは同じものとして見ているワケです。

言語の違いとは、認識の仕方の違いであり、文化の違いでもあると言えますね!

言語においては「関係性」が重要である

言語においては「関係性」が重要である

記号

社会習慣的な約束によって、一定の内容を表すために用いられる文字符号標章などの総称。言語も記号の一つと考えられる。広く交通信号などから、象徴的なものまでを含む。また、文字と区別して特に符号類をいうこともある。しるし。符号。「元素記号」「音声記号」

[用法]記号・[用法]符号――「記号」は広く、言語・文字・各種のしるし・身振りなどを含む。学問の用語としても用いる。「文」は漢字であると同時に、地図では学校を示す記号である。◇「符号」は、文字を除き、図形・音声・光・電波などのしるしについて使うことが多い。◇記号と符号の相違にはあいまいな面もある。目印として付けた〇は符号だが、地図上の〇は記号である。一般的に、ある体系の中でのしるしは記号だが、「モールス符号」「正(負)の符号」のような例外もある。

 

コンテクスト

文脈。脈絡。ある物事と、それを取り巻く周囲の状況との関係。

 

ロゴス

 ギリシャ語で、言葉・理性の意。

 古代ギリシャ哲学スコラ学で、世界万物を支配する理法・宇宙理性。

 言葉を通じて表される理性的活動。言語・思想・教説など。

 キリスト教で、神の言葉の人格化としての神の子イエス=キリスト

街を歩けば、さまざまな「記号」が目に入ります。

青信号は進め、赤信号は止まれ、これも立派な記号です!

飲食店の入り口にかかった暖簾は営業中であるということを表し、それがしまわれていると営業時間終了ということが示されます。もちろん、コレも記号です。

そして、 この暖簾の表す意味は、日本文化に無縁な者にとっては分かりにくい。

記号とは文化の体系の中で意味を表すものであるというのは、 まさにこのことですね!

携帯電話のメールでは絵文字が多用されるますが、これもやはり 「記号」です。

そしてこの記号の意味は、 コンテクスト、つまり文脈に依存します٩(๑´3`๑)۶

たとえば水滴のようなかたちの絵文字は、悲しい出来事を告げる文の後に付けられれば「涙」を表すし、焦っているとか急いでいるとかいった内容の文の後に付けられれば「汗」を表します。 

これらの例からわかるように、言葉や記号の意味は、単独にそれだけでは決まりません。

どんな文化の中で、さらにどんな文脈の中で使われているかによって、意味は変わっていきます。

言葉や記号の表す意味とは、他との「関係性」によって決定されるのです!

言葉について改めて考えてみる

言葉について改めて考えてみる

国語

 一国の主体をなす民族が、共有し、広く使用している言語。その国の公用語共通語

 日本の言語。日本語。

 「国語科」の略。「国語の先生」

外来語漢語に対して、日本固有の言葉。和語。大和 (やまと) 言葉。

[補説]書名別項。→国語

 

母語

 《mother tongue の訳語》人が生まれて最初に習い覚えた言語。

 同じ系統に属する諸言語が共通の源とする言語。フランス語・イタリア語などに対するラテン語の類。祖語。

 

文字

《「もんじ」の撥音の無表記から》

 言葉を表記するために社会習慣として用いられる記号。個々の字の性質から表意文字表音文字、また表語文字(単語文字)・音節文字音素文字(単音文字)などに分けられる。もんじ。

 文章。また、読み書きや学問のこと。

    1. 「―を見る眼は中々慥にして」〈福沢学問のすゝめ

 言葉。文言 (もんごん) 。

    1. 「ただ―一つにあやしう」〈・一九五〉

 字の数。音節。

    1. 「―のかずも定まらず」〈古今・仮名序〉

 (近世、関西地方で)字の記された銭の面。〈物類称呼〉

 語の後半を省き、その語の頭音または前半部分を表す仮名の下に付いて、品よく言い表したり、婉曲に言い表したりする語。→文字言葉

日本文化の中に生きている私たちは、自分が用いている言葉を対象化する機会に、あまり恵まれていないようです。 

例えば私たちは、音声言語文字言語というものを同一視してしまいがちです。

幼いときに文字を習得させられ、それを日常的に用いているから。

けれども世界には、文字をもたない言語というものも数多く存在します(゚д゚)! 

また私たちは、「母語」と「国語」というものも同一視してしまいがち(泣)

しかし「国語」としての日本語というものは、今からたかだか一世紀半ほど前の明治初期に、日本語東京方言をベースにして人為的に制定され、それが学校教育によって定着したものでしかありません。

それ以前には「国語」などというものは存在しなかったのです。

また世界には、「母語」と「国語」の間に大きな隔たりが存在している国もあります。

例えばシンガポールでは、政府は国家の独立ということを強調するためにマレー語を公用語=国語として奨励していますが、多くの国民にとっての母語は中国語です。 

ともあれ、言語とは自然なものではなく、社会や政治と密接に結びついたものです!


最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。