現役大学生が思う『人間・身体・コンプレックス』について

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)

どうも、大学生ブロガーのSeigaです。
今回は、『人間・身体・コンプレックス』に関する押さえておきたい事項をまとめました(*´ڡ`●)
現代文でもよく扱われるテーマなので参考になれば幸いです!

テーマとしては難しいなぁと感じる方が多いと思います。

僕自身理系で、全く言語学的なことは分かりませんが、様々な本を読んで学んでいく中で

これは持っておいたほうが良いなという知識をまとめましたww

言語とコミュニケーション・認知と科学・人間Ⅰ

言語とコミュニケーション・認知と科学・人間Ⅰ

人間=言葉を使う動物

人間と他の動物の違いは何でしょうか?

これについては様々な答えが考えられますが、その模範解答の1つは、

人間だけが言葉を使う動物であるということ!

例えば犬や猫は、目の前に食べ物があったら本能に従ってそれを食べるだけですが、

私たちは、「おいしそうだ」「後で食べることにしよう」などといったことを考えてしまいますww

このとき私たちは、否応なしに言葉を使っています。

つまり人間とは、言葉を使わないと考えることがなかなかできないような存在ですね。

しかもその言葉とは、個々の人間の内にあるものではなく、私たち一人一人が生まれる前から、ある社会や共同体の中で、共通の約束として使われていたものです。

そして私たちは、そうした言葉を母語として習得しながら育っていく。

だから、私たちの心は母語や国語などによって形作られているとも言えますね!

言葉は理性であり、それは知性を生む

ギリシャ語では、「言葉」のことも「論理」のことも「理性」のことも「ロゴス」といいます。

このことから分かるように、人間にとって言葉の獲得とは、論理的な思考能力を獲得することでもありました。

そして人間は、自ら身につけた知性によって様々なものを認識分析するなどして体系的な知の世界を作り上げ、テクノロジーなどを生み出していきました!

しかも、近代と呼ばれる時代の到来とともに、人間の理性や知性といったものは、かつてないほどに重んじられるようになっていきました。

「近代=ロゴス中心主義の時代」ということができるでしょう。

近代的知性の本質は、あえて言えば「分ける」ことにあります。混沌とした世界を言語によって分節し、概念を作っていくことが、近代的な知の特徴です!

だから近代の自然科学においては、物質を、それを構成している分子・原子などへと細かく分けていけば、その本質が明らかにされると考えられています。

STEP.1
人間と言葉
  • 言葉を使って考える
  • 言葉によって精神が形作られる
STEP.2
知の獲得
 

理性(論理)的な思考の獲得

      ⇩

科学的な知やテクノロジー

STEP.3
近代
 

人間の理性こそが、最も価値あるものとされる

言語とコミュニケーション・認知と科学・人間Ⅱ

言語とコミュニケーション・認知と科学・人間Ⅱ

近代的な知の見直し

ところが19世紀後半頃から、ロゴス中心主義的なあり方への反省が叫ばれるようになりました。

人間の心の働きにおいては、理性ばかりではなく感性も重要なのではないか?

科学やテクノロジーが発展すれば人間が幸せになれるというのは、単なる幻想ではないか?

はたして近代的な知性だけが知性と言えるのか?

こうした問題がクローズアップされる様になってきました。

人間の創造的な把握へ

こうした考え方は、人間とは何かといった問題への考察にも自ずと繋がっていきます。

例えばそれまでは、人間は心身二元論的にとらわれることが多く、

人間は精神と肉体という2つの別のものからなるという考え方です。

もしそうならば、精神は文学や哲学によって考察されればよいし、肉体は医学生物学によって考察されれば、それで事足りるということになってしまいます。

しかし、人間とはもっと複雑な存在であり、精神と肉体との総合である「身体」的存在ではないのか?

こうした問題が新たに提起されるようになりました。

しかも現代では、人間が完結した存在として捉えることは殆どなくなってきています。

たしかに私たち一人一人は自立した個人であるべきですが、そんな私たちは共同体や社会の中で、他者とともに生きていくしかありません。

私たちはいわゆるアイデンティティも、他者や社会との関係の中で形成されるのだ。

以上のことからも分かるように、人間とは複雑な総合体というべき存在なのです!

例えば、嫌なことがあってどうしても外出したくないとき、本当に頭やお腹が痛くなったりしたという経験はないでしょうか?

これは、人間の心と体が分かちがたく結びついたものだということであろう。

しかもそうした人間の心は、言語によって形成され、他者や社会との関係の中で規定されます。

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)

現代文では、こうした複雑な存在としての人間のありようが考察されます

STEP.1
前近代の人間観
 

  • 人は神の作った世界の中で生きる
  • 「個人」という概念が希薄
STEP.2
近代的な人間観
 

  • 自立した「個人」
  • 健全な肉体に理性的な精神の宿った人間が理想的
STEP.3
現代の人間観
 

  • 心と体を併せもった「身体」的存在
  • 他者や社会との関係によって形成される複雑な存在

赤文字で書いた単語を詳しく見ていくことで、より『人間・身体・コンプレックス』についての理解を深めていきます!

(『認知と科学』についてはこちらの記事で書きました!)

現役大学生が思う『認知と科学』について

「他者」と「アイデンティティ」

「他者」と「アイデンティティ」

アイデンティティ

 自己が環境や時間の変化にかかわらず、連続する同一のものであること。主体性。自己同一性。「アイデンティティーの喪失」

 本人にまちがいないこと。また、身分証明。

 

他者

 自分以外のほかのもの。他人。

 哲学で、あるものに対する他のもの(他のあるもの)。自己に対してある何かあるもの。⇔自己

 

実存

 実際にこの世に存在すること。現実に存在すること。実在。「実存した人物」

 《existence

㋐スコラ哲学で、可能的存在である本質に対し、実現された個体的存在。現実的存在。

㋑実存主義で、特に人間的実存をいう。独自な存在者として自己の存在に関心をもちつつ存在する人間の主体的なあり方。自覚存在。

英語の「アイデンティティ」とはもともと「同一性という意味であり、たとえば〈Aは確かにAである〉といったことを意味する言葉です。

これが、特に個人の同一性、 つまり自己同一性ということを指すようになりました。

自己同一性とは、いわば〈自分が一貫した自己であるという感覚、あるいはそうした感覚を保持している自分のあり方〉といったことです。 

重要なのは、アイデンティティとは他者や社会との関係の中で形成され、保持されるもの!

私たちは、たとえば学校や会社などの組織の中で、〈この人はこれこれこのような存在だ〉というふうに他人から承認され、はじめてアイデンティティ意識をもっことができる。 

「身体」と「倫理」

「身体」と「倫理」

身体

㋐動物の頭・胴・手足などのすべてをまとめていう語。五体。しんたい。「―を横たえる」

㋑頭・手足を除いた、胴。「―を反らす」「―の線が崩れる」

㋒体格。骨格。からだつき。「がっしりした―」

健康状態。また、体力。「―を悪くする」「お―に気をつけて」「―の弱い子供」

㋐生理的存在としての身体。肉体。「―で覚える」「―が糖分を欲求してい る」「―を使う仕事」

㋑性的な対象としてみた身体。肉体。「―を許す」「―の関係がある」

㋒社会的活動を営む主体としてみた身体。身 (み) 。「今夜は―が明いている」「―がいくつあっても足りない」

 死体。なきがら。
「―はどこに捨ててある」〈浄・布引滝

 

脳死

大脳および脳幹の全機能が完全に停止している状態。脳死をもって個体の死の判定基準にできるとする考え方もある。→臨床的脳死診断 →法的脳死判定

 

倫理

 人として守り行うべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの。道徳。モラル。「倫理にもとる行為」「倫理観」「政治倫理」

 「倫理学」の略。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉があります。

これは「精神」と「肉体」を別々のものとしてとらえるという考え方を前提としています。

こうした考え方は「心身二元論」と呼ばれる。

一般に、臓器移植を是とする考え方の前提には、この心身二元論があると考えられます。

体と心を完全に別のものととらえてしまえば、体をメカニックなものとみなすことができ、臓器が悪くなったらそれを交換しようとする考え方です。 

しかしその一方で、心身二元論には納得しがたいとする論者も多くいます。

人というものを心と体の分かちかたく結びついた「身体」ととらえれば、それを機械論的にとらえることはできなくなってしまうからである。 

そのほかにも「身体」をめぐっては、言語や生活習慣の身体への影響や、他者と自己の身体のかかわりなど、さまざまな問題が提示されている。

そして、それらはすべて、「人間」というものをどうとらえるかという「倫理」的な問題とも言える。 

学術用語とその一般的用法

学術用語とその一般的用法

コンプレックス

 精神分析用語。情緒的に強く色づけされた表象が複合した心理。抑圧されながら無意識のうちに存在し、現実の行動に影響力をもつ。マザーコンプレックスエディプスコンプレックスインフェリオリティーコンプレックスなど。複合感情。複合観念。

 日本では特に、インフェリオリティーコンプレックス(劣等感)の意味で使われる。「強いコンプレックスを抱く」

 複雑に関連していること。複合的であること。複合体。「シネマコンプレックス

 

ナルシシズム

精神分析の用語。自分自身を性愛の対象とすること。自己愛。ギリシャ神話のナルキッソスに由来。

 自己陶酔。

 

エゴイズム

 自分の利益を中心に考えて、他人の利益は考えない思考や行動の様式。利己主義。

 哲学で、自我だけが確実に存在し、他は一切認識不能であるとする説。唯我 (ゆいが) 論。独我論。

コンプレックスという言葉を単に劣等感(inferiority complex)という意味で使うのは、厳密に言えば誤用です。

「マザー・コンプレックス(いわゆるマザコン)が、母に対する劣等感ではなく、母への愛憎入り交じった複合感情だということはわかるでしょう。

ちなみにこの「マザー・コンプレックス」というのも和製の俗語であり、心理学の正式な用語では「エディプス・コンプレックス」と言います。

ナルシシズム」も、もともとは自分の容や肉体に強い愛着を感しるあり方のことを指していました。

しかし現在では、単に「うぬばれ」のことを指す場合も多く、ときには「耽美」といった意味でも使われている(いわゆる「ヴィジュアル系アーティスト」などに対して「ナルシシズム」という言葉が向けられることは少なくないようです)。 

このように、もとは専門的な術語だった言葉が、その指し示す意味の範囲を曖味に拡大しなから、 一般に浸透していくということは少なくありません。

言葉の意味は文脈によってさまざまに変化するということを、あらためて自覚するようにする必要がありますね!


最後まで読んでいただきありがとうございます!

現役大学生が思う『認知と科学』について

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。