大学生が語る昆虫食の魅力【国連が推奨する栄養価の高さ】

古代から食べられてきた長い歴史がある

古代から食べられてきた長い歴史がある

現代人が「昆虫は食料か?」と問われたら、暮らしている国や地域によって、「イエス」と答える人も「ノー」と答える人もいると思います。

しかしながら、人類がサルと分化した約700万年前には、まちがいなく昆虫は人類の貴重な食料でした。

人類の発祥とともに『昆虫食』の文化も始まっていたといえます。

人類の食生活を支えてきた昆虫

昆虫は身近にいて、簡単に手に入れられる貴重なタンパク源でした。

今も、南極以外のすべての大陸に昆虫食文化が残っており、現在、食用にできる昆虫はざっと2000種類! 世界の100カ国近くに多様な昆虫食文化があるそうです。

世界でよく食べられている昆虫は、カブトムシなどの甲虫、イモムシ(蛾・チョウの幼虫)、アリ、ハチ、バッタ、イナゴ、コオロギ、セミ、ウンカ、カイガラムシ、カメムシなど。

成虫のほか、さなぎ、幼虫、卵を食するものもあります。

昆虫食は世界の各地で行われ、中国の『周礼』「天官冢宰」で「蚳醢」と呼ばれたシロアリの卵の塩辛で客をもてなしたとあり、ヨーロッパにおいても古代ギリシャや古代ローマセミなどを食べたという記録が残っている。アフリカ諸国、南米アマゾンメキシコメラネシアなどの熱帯亜熱帯地域などの多くの地域で常食されている。アフリカ北部などでは、しばしばサバクトビバッタが大発生により農作物を食い尽くされる蝗害が発生するが、こういう場合には、農作物の代わりにサバクトビバッタを緊急食料として食べ、飢饉の軽減が行われる。また、アジアにおいてもラオスベトナムタイ中国タガメを食べたり、中国、東南アジアなどでセミを食べたりするように、一部の民族、または民族集団の一部が食べる例がある。日本においても同様で、現代日本人の多くは日常的には昆虫食をしていないが、群馬県長野県岐阜県宮崎県等の一部地域において、地方の食文化として現存しており、また、土産物などとしても売られている。2008年現在、はちの子、イナゴの缶詰はともに1トン弱、カイコのサナギ300キロ、まゆこ(カイコのガ)100キロ、ザザムシ300キロが加工、製造されているという記録がある。

現代社会では、一部地域、民族を除いて共通的、日常的には昆虫は食べられていないが、これは人口の大部分が昆虫から充分な栄養分をまかなえるだけの供給機構が構築されていないことと、他の食材が豊富となったためと考えられる。現代の日本の生活様式においては一般的においしくない、気持ち悪いなどの心理的嫌悪が強い。また、日常的な昆虫食が貧困の象徴や時代遅れの習慣と考えられていたり、ユダヤ教キリスト教セブンスデー・アドベンチスト教会など特定の宗教・宗派によっては特定の種類の昆虫がタブーとされている場合もある。イスラム教では、アリやハチを食べることは禁じられているが、バッタを食べることは明確に許可されており、ハディースにも預言者ムハンマドがバッタを食べ、遠征を行ったことが記されている。

近年では地域固有の食文化として積極的に見直されている例もある。中国では、昔の質素な食事を再現した都市部のレストランで昆虫がメニューに載っていることがよくある。雲南省では、訪れた観光客が昆虫食を食べてみる姿をよく目にする。タイの都市部では、調理済みの昆虫を屋台やレストランで観光客や都市部の住民に売っている光景がしばしば見られる。

EUでは2011年に新規輸入と区別するため在来の食用昆虫の種類を調べている。また、昆虫を食用家畜として捉えた場合、少ない飼料で生育可能なこと等から資源が限られる宇宙などでも得られる動物性食物として優れており、将来人類が長期の宇宙ステーション滞在や火星などへ移住する際の食糧としての研究もされている。国際連合食糧農業機関(FAO)はタンパク源として世界的な人口増加による食糧難対策の一端を担う食文化として評価している。

(Wikipedia 参照)

日本もかつては昆虫食大国

日本もかつては昆虫食大国

かつては昆虫食大国だった日本。

大正時代の調査では、食用の昆虫は55種類ほどいました。

ところが、第二次大戦直後の調査では約20種類に減少

昆虫食は急激に衰退しました。

当時、イネの害虫であるイナゴは広い地域で食され、カイコ(さなぎ)、カミキリ(幼虫)、セミなども食べていましたが、現在まで昆虫食が残るのは、長野や岐阜などの内陸の地方。

海に面した地域では魚がタンパク源でしたが、内陸では昆虫が重要なタンパク源でした。

今でもイナゴ、ハチの子、ザザムシなどが伝統食として食べ継がれています。

いかがでしたでしょうか?
少しでも、『昆虫食』に対する考えが変わったと感じていただければ幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

1 2 3

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。