理系大学生におすすめ「電験三種」とは!?【詳しく解説】

理系大学生にオススメの「電験三種」ってご存知ですか?
実は就職に結構有利で、専門性の高い分野なので安定性も見込める資格なんです! 僕自身も理系大学生なのですが、大学で学ぶ機械工学の知識がそのまま活かせます(゚д゚)! 独立開業も可能で、将来性の高い「電験三種」。
ぜひとも最後まで読んで、「電験三種」とは何なのか!?を理解してみてくださいね(*´ڡ`●)

こんな人にぜひとも読んでほしい!!
  • 「電験三種」を初めて聞いた方
  • 「電験三種」を聞いたことはあるけど、どんな資格なのかよくわからない方
  • 「電験三種」を受験しようか悩んでいる方

それでは「電験三種」について詳しく解説していくゾ!

 

「電験三種」ってどんな資格!?

「電験三種」ってどんな資格!?

「電験」=「気主任技術者試

“電験”とは「電気主任技術者試験」のことで頭と末尾の「」と「」を合わせて”電験”と呼んでいます!

そしてこの”電験”という資格には1種~3種までが存在していて、それぞれ「電験1種」「電験2種」「電験3種」と呼ばれます。

電気主任技術者第1種~3種の違い

  • 第3種

    電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5千キロワット以上の発電所を除く)

  • 第2種

    電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物

  • 第1種

    すべての事業用電気工作物

1~3種で扱える電気工作物が違うんですね!!

“電験”と1~3種をまとめて呼ばれるときには、「国家資格」そのものとしての扱いを受けるゾ!

「電気主任技術者」の業務内容

「電気主任技術者」の業務内容

「電気主任技術者」の業務は発電所や変電所、工場やビルなどに設置されている電気設備の保安・監督です。

電気事業法では、事業用電気工作物を設置している事業主に対して、工事・保守や運用など保安の監督者として電気主任技術者を選任しなければならないと定められています。

超重要なPoint

電気設備の管理=「電気主任技術者」の独占業務

電気設備の管理自体が「電気主任技術者」の独占業務だから、収入が安定しているって言えるんですね!!

そのとおりなのじゃ(^o^)
だけども、専門性が高い分むずかし~い試験でもあるよ(゚д゚)!

「電験三種」の試験合格率

「電験三種」の試験合格率

グラフをみた感じ、平成20年度以降は合格率が10%を切って、だいたい平均8%代を推移しています。

難易度的に高い試験ですが、大学卒業までに取る価値のある資格であることは間違いないです。

めっちゃ難しそうな試験ですね。試験形式はどんな感じなの?

実はここだけの話、「電験三種」の試験形式は記述式じゃなくて、5肢択一式なんじゃよ。これは確率的に5問に1問は分からなくても正解する可能性があるということ(゚д゚)!
だからどーしても、もしかしたら偶然受かるかもしれないって受験者が中にはいてしまうのも事実なんだ。
要は、公式に発表されている「電験三種」の合格率はあまり「当てにならない
だからこそ、真面目に対策に取り組めば十分に受かる可能性がある試験なんだ!!

 

「電験三種」の試験日程と受験科目

「電験三種」の試験日程と受験科目

試験日は、毎年9月上旬の日曜日、全国47都道府県で試験が開催されます。

受験資格はナシッッッ(゚д゚)!

試験回数が毎年一回じゃなくて、せめて毎年2回になればいいなぁとかって思うんですが(泣)

「電験三種」の試験科目は4つ!

理論・電力・機会・法規

理論・電力・機会・法規

細かい内容は表にある通りです。

合格ラインの目安は各教科60点以上!!

試験時間が理論・電気・機械は90分なのに対し、法規は65分。

各科目ともA問題、B問題に分かれていて、A問題は1つずつの小問です。

B問題は1つの問題が(a)と(b)の2つの小問からなる問題で、(a)の答えや計算過程を利用するケースが多いです。

出題される4教科の相関関係

出題される4教科の相関関係

「理論」をメインでやるのが一番オススメ!

「理論」で基礎をしっかり固めつつ、「電力・機械」そして最後に「法規」とやるのがベストです!

各教科の学習手順

「理論」⇨「機械」or「電力」⇨「法規」

ちょっとずつ、どんな感じの試験か分かって来ましたw

読んでくださっている読者の皆様もどんな感じの試験か、分かってきましたか!? 少しでも分かって来たと感じていただければ幸いです(*´ڡ`●)

 

各教科の勉強の具体的な対策とオススメの参考書

それでは具体的に、各分野における対策について話を進めていきます。

Part1:「理論」

出題される問題の傾向としては、約8割が計算問題で、正誤判定問題・穴埋め問題が約2割出題されます。 

特に計算問題は、ただ公式を当てはめて計算するような簡単な問題ではなく、頭を悩ませるような難しい問題が毎年出題されています。 

問題のパターンもさまざまあるので、過去問を沢山解いて問題慣れしておくことが必要です。

正誤判定問題・穴埋め問題は計算問題に比べると答えやすいと思うので、確実に点数を稼ぎましょう。

参考書もいいですが、こちらのサイトもいいですよ!

(僕みたいな貧乏大学生にとってありがたいですw)

参考 電験3種「理論」最速合格電験最速合格

「理論」のオススメの参考書はコレだ!!

みんなが欲しかった!電験三種理論の教科書&問題集

「理論」のオススメ参考書

内容紹介

【これ一冊で電験三種の「理論」に合格! 初学者・独学者のための、究極にわかりやすい教科書&問題集! 】
これまで資格書で多くの受験生の合格をサポートしてきた、TAC出版の「みんなが欲しかった!」シリーズに電験三種が登場!

●これから電験の勉強を始めようと思っている方
●文系出身で、一度挫折してしまった経験のある方
●これまでの教科書を読んだけど、イマイチ全体像が理解できなかった方
●電気工事士から電験にステップアップしようとしている方

本書なら、フルカラーのわかりやすい教科書+教科書にリンクした過去問題集で、「理論」科目の合格を目指せます!

【本書の特徴】
【教科書編】
●論点をやさしい言葉でわかりやすく説明!
論点をやさしい言葉でわかりやすくまとめ、コンパクトでも理解しやすい内容を心がけました。
初学者でもSectionを細かくわけているので、スキマ時間にも学習しやすい!

●カラーで見やすい図や板書で、パッと見てわかる!
フルカラーで見やすい図版とこだわり抜いた板書で、わかりにくいポイントを徹底的に整理しています。
重要事項もパッと見てわかります。復習の際にも効果バツグン!

●学習概要を最初にチェック!
各SECTIONの最初に学習内容の概要を掲載しているので、全体像をつかんでからスムーズに学習を開始できます。

【問題集編】
●レベル表示!
各設問にはレベル難易度(A易~C難)を表示しているのでメリハリのある学習を展開できます。
AとBは正解必至です!

●ブラインドシートつき!
見開き左ページに問題、右ページに解答解説を掲載しているので付属の
ブラインドシートで解答解説を隠しながら問題に取り組めます。

教科書と問題集の2分冊式で使いやすさ抜群!
教科書、問題集それぞれリンクを掲載しているので、教科書→問題集、問題集→教科書への往復もラクラク!
教科書を学習したあとに重要問題を厳選した過去問題を解く、
解けない問題は教科書で復習することで効率的に力が身につきます。

◆文系出身者の方、初学者の方には『みんなが欲しかった!電験三種はじめの一歩』との併用がおススメです!


□■過去問も新登場! ■□
同シリーズより、『みんなが欲しかった! 電験三種の10年過去問題集』も刊行します!
科目ごとに分解可。解説は2色刷りで、独学者や初学者がつまずきやすいポイントをしっかりフォローしています。
「2019年度版」は2019年1月刊行予定。ぜひあわせてご利用ください。

文系の方にも分かりやすく説明されているという点でオススメできるのと

図表で解説されていて理解しやすく、過去問も解くこともできるので経験も積めます。

この本以上にわかりやすい本は正直知らないですww

Part2:「機械」

機械の科目に関しては、出題範囲が非常に広く、覚えることが多い苦労しそうな分野です。

パワーエレクトロニクス、自動制御、メカトロニクスなど、機械の仕組みについてより専門的な知識が必要とされています。

この科目で特に押さえて欲しい内容は、『直流機』・『変圧器』・『誘導機』・『同期機』の四機に関する内容です。

試験問題の約70%の配点を占めているところですので、ここはしっかり覚えて配点を稼ぎましょう。

「機械」のオススメの参考書はコレだ!!

これだけ機械 改定2版(電験3種Newこれだけシリーズ)

「機械」のオススメの参考書はコレだ!!

この本の内容は以下のとおりです。

「みんなが欲しかった! 電験三種機械の教科書&問題集」もいいですが、機械はあまり評価が良くないのと、解説が少し雑な点が見受けられたのでこちらの本を推薦しました。

機械1.2

公式や重要事項をマンガ・イラストを交えてやさしく解説!

電験第3種は第2種・第1種電気工事士レベルの実力からの積み重ねが大切なので、

本書は、まずこのレベルのやさしい問題を解くのに必要な知識を紹介しながら問題に親しむ形になっています。

機械3.4

効率的に学習をナビゲート!

効率的に学習ができるように、内容を様々な項目に整理して学習を案内します!

・要 点

やさしい問題を解くにあたり、従来の参考書にありがちな、だらだらとした解説を避け、まずこのテーマのやさしい問題に対しての要点を整理してあります。

・詳しい解説

やさしい問題の要点に対して、さらに深く掘り下げ、完璧に問題が理解でき正解できるまでの知識を整理してあります。さらに、この項での理解をより視覚的にするために、マンガ・イラストで重要なポイントを示しています。

・バイパス解説

その学習テーマに関し、より幅広く知識を蓄えてもらうためのもので、学習の手順をより効率的にするために、詳しい解説とバイパス解説を区別することにより、理解度がさらに高められ、かつ幅広い知識が得られます。

・ここが重要!

最終的なまとめをしました。詳しい解説でどこが重要なのかは整理済みであるので、暗記できる分量としました。

・チャレンジ問題

最初のやさしい問題に対し、第3種レベルの実践問題を収録しました。最後の実力チェックとして活用して下さい。

Part3:「電力」

電力の勉強をするときは発電・変電・送電・配電のそれぞれの仕組みや、設備の違いなどを覚えておきましょう。

電気技術者試験センターが公開している過去問等をみると、理論に比べると計算問題は少なく、正誤判定問題や穴埋め問題の割合と半々くらいと考えられます。

電力については毎年似たような問題が出題されることが多い傾向にあるので、過去問を繰り返し解けば十分に対応できるでしょう。

「電力」のオススメの参考書はコレだ!!

みんなが欲しかった! 電験三種電力の教科書&問題集

「電力」のオススメの参考書はコレだ!!

内容紹介

【これ一冊で電験三種の「電力」に合格! 初学者・独学者のための、究極にわかりやすい教科書&問題集! 】
これまで資格書で多くの受験生の合格をサポートしてきた、TAC出版の「みんなが欲しかった!」シリーズに電験三種が登場!

●これから電験の勉強を始めようと思っている方
●文系出身で、一度挫折してしまった経験のある方
●これまでの教科書を読んだけど、イマイチ全体像が理解できなかった方
●電気工事士から電験にステップアップしようとしている方

本書なら、フルカラーのわかりやすい教科書+教科書にリンクした過去問題集で、「電力」科目の合格を目指せます!

【本書の特徴】
【教科書編】
●論点をやさしい言葉でわかりやすく説明!
論点をやさしい言葉でわかりやすくまとめ、コンパクトでも理解しやすい内容を心がけました。
初学者でもSectionを細かくわけているので、スキマ時間にも学習しやすい!

●カラーで見やすい図や板書で、パッと見てわかる!
フルカラーで見やすい図版とこだわり抜いた板書で、わかりにくいポイントを徹底的に整理しています。
重要事項もパッと見てわかります。復習の際にも効果バツグン!

●学習概要を最初にチェック!
各SECTIONの最初に学習内容の概要を掲載しているので、全体像をつかんでからスムーズに学習を開始できます。

【問題集編】
●レベル表示!
各設問にはレベル難易度(A易~C難)を表示しているのでメリハリのある学習を展開できます。
AとBは正解必至です!

●ブラインドシートつき!
見開き左ページに問題、右ページに解答解説を掲載しているので付属の
ブラインドシートで解答解説を隠しながら問題に取り組めます。

教科書と問題集の2分冊式で使いやすさ抜群!
教科書、問題集それぞれリンクを掲載しているので、教科書→問題集、問題集→教科書への往復もラクラク!
教科書を学習したあとに重要問題を厳選した過去問題を解く、
解けない問題は教科書で復習することで効率的に力が身につきます。

◆文系出身者の方、初学者の方には『みんなが欲しかった!電験三種はじめの一歩』との併用がおススメです!


□■過去問も新登場! ■□
同シリーズより、『みんなが欲しかった! 電験三種の10年過去問題集』も刊行します!
科目ごとに分解可。解説は2色刷りで、独学者や初学者がつまずきやすいポイントをしっかりフォローしています。
「2019年度版」は2019年1月刊行予定。ぜひあわせてご利用ください。

この本が優れている点は、ズバリ「網羅性」です!

難易度順にA~Cまで分かれていて、自分が目指すレベルによって解ければいい難易度も変わるので、自由度が高いです(゚д゚)!

僕はこの一冊だけで、「電力」は70点以上取れましたw!

Part4:「法規」

法規の科目では、電気事業法・電気工事法などの法律や、電気設備の設置基準、電気施設管理などの知識が問われます。

計算問題・正誤判定問題・穴埋め問題がまんべんなく出題されますが、数多くの法律や基準を頭に入れなければいけないので、暗記力が必要となる分野です。

語句や数値の暗記をはじめに勉強してしまうと、後々忘れてしまう可能性があるので、 先に計算問題の勉強を進めておくのが良いかもしれませんね。

「法規」のオススメの参考書はコレだ!!

完全マスター 電験三種受験テキスト 法規

「法規」のオススメの参考書はコレだ!!

内容紹介

「完全マスター電験三種受験テキスト」シリーズ「法規」の改訂4版。今回の改訂では、問題を新たに分析して、新傾向問題を取り込み、頻出事項を網羅。重要なポイントの解説を強化するとともに、各節ごとの例題に関しても、解き方のポイント、考え方、公式の使い方等の説明を充実させているので理解がより深まる内容構成となった。

この本の素晴らしい点は、「解説の詳しさ」です!

ただ、先ほど紹介したように

「理論」⇨「機械」or「電力」⇨「「法規」

の順で勉強してくださいね。

最後に「法規」をやることで、これまでつちかった計算スキルが活かせます(゚д゚)!

最初に「法規」をやっちゃうと、全然理解できないですww

(きっとこの本の価値が分からなくなってしまうと思います)

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。