理系大学生3年のバイト忙しくてできない?【結論:できます!】

どうも、現役理系大学生のSeigaです!
理系大学生3年といえば、一つ大きなイベントとして研究室配属がありますヮ(゚д゚)ォ!

実験レポートなどで忙しくて、バイトなんてできるのか心配という方へ

結論:バイト自体はできます!

ただし、両立は難しいです(-_-;)

ただし、1・2年の間でしっかりと単位を取っておけば、
割とすんなりバイトと勉強は両立できます!
単位ってやっぱり大事だねぇ(*´ڡ`●)

こんな方に読んでほしい記事
  • 理系大学生3年の方で、バイト面に関して心配な方
  • 理系大学生1,2年の方で、3年でもバイトを続けられるか心配な方

理系大学3年生の忙しさの原因2つ

理系大学3年生の忙しさの原因2つ
理系学生が忙しくなる2大要因

実験レポート✕就活(✕卒論)

実験レポートは大学1,2年のときからやっていると思うので体裁は分かると思います。大学1年生向けに実際に僕が書いた実験レポートを載せました!(質は全然低いんですが、こんな感じなのかと思っていただければ幸いです(*´ڡ`●))
理系大学生の実験レポート例2【細菌細胞タンパク質】

大学3年から本格化する就職活動(-_-;)

この漢字4文字見るのも嫌な僕ですが、事実やっておくべきだと思います(泣)

厄介なのがこの就職活動が本格化する時期と研究室配属の時期が重なることですヮ(゚д゚)ォ!

ちなみに、大学院に行こうか否かで悩んでいる方はこちらの記事を読んでみて下さい!理系大学生の大学院進学率【大学院は行くべきなのか!?】

大学4年になると、実験レポートの代わりに皆さんご存知の卒論

この漢字2文字も嫌いなんですけど、コレをやっとかないと卒業できません(泣)

3つとも共通して、理系大学生の学生生活において重要度の高いモノなので、必然的に忙しくなるんですね_| ̄|○ il||li
しかもこれらが一気に大学3年の後期~4年にかけて押し寄せてくるんで忙しくないほうがもはや不自然なまでありますww

理系大学生3年がバイトと勉強を両立するのに重要なPoint

バイトと勉強を両立させるには

短期間でしっかり稼ぐ or 早朝に働く

『短期間(週1や週2)でしっかり稼ぐ』『早朝(大学の授業が始める前)に働く』かのどちらかのスタイルでバイトをすることをおすすめします!

短期間でしっかりと稼ぐには、どうしても働く日の仕事量を増やす必要があります。結構しんどいですけど、バイト以外の時間が働く日以外とまとまっているので、勉強とか実験レポート書くにはやりやすいです!

本当におすすめなのは、『早朝に働く』ことです!
早朝に働く人は、生活リズムが整って健康面で他の大学生より優れているでしょう(*´ڡ`●)
ただ、朝起きるのが苦手な方にはおすすめ出来ないですし、早朝に働くことは効率がいいけどなかなか出来ないという大学生も多いのは事実です。

そもそも大学生がバイトをするメリットって何!?

そもそも大学生がバイトをするメリットって何!?

アルバイトなんて所詮お金を稼ぐ一時的な手段
こんな風に考えてしまうと、どうしてもバイトのモチベーションが上がらないのも事実(泣)

大学生がバイトをする上で、お金以外で得られる4つのメリットを紹介するよ!

大学生がバイトをする4つのメリット(お金以外)

幅広い年代の人と出会える

幅広い年代の人と出会える

社会人になると仕事が忙しく、気の合う友人を作ることは難しくなるもの。大学生のうちは、出会いにかけられる時間が多くあります。

今のうちに気の合う友人をたくさん作っておきましょう。きっと社会に出てからも仕事の悩みを言い合える、心強い味方となってくれますよ。

キャンパス内やサークルでも出会いのチャンスはありますが、周りは同年代がほとんど。バイトをすれば、幅広い年齢の人と知り合うことができます。幅広い年代の人と一緒に働くことで、より視野も広がるでしょう。

僕の場合、介護の仕事をしているのですが、本当に幅広い年代の方々と一緒に働くことが出来ています!

ビジネスマナーが身に付く

ビジネスマナーが身に付く

社会人になってから苦労しないためにも、最低限のマナーは学生時代にしっかり身に付けておきたいもの。ビジネスマナーが身に付いていれば、就職活動でも企業側に好印象を与えられます。

バイト先は、人間関係や上下関係のマナーを学べる場でもあります。「別にバイトをしなくても、部活動やサークルで人間関係は学べるのでは?」と思う方もいるでしょう。

しかしバイトをすれば、接客スキルや電話対応、言葉遣いやクレーム対応など、社会で役立つマナーが身に付きます。社会で役立つビジネスマナーが備わっていれば、社会人になった際に良好な人間関係を築いていけるでしょう。

ビジネスマナーを学生の内に身につけることができれば役立つこと間違いナシですね(*´ڡ`●)

自分のやりたいことが見つかる

自分のやりたいことが見つかる

「自分のやりたいことがわからない」「就きたい仕事がない」と、就職活動中に悩む人は多いです。そんな人ほど、アルバイト経験を積んでください。色々なアルバイトを経験すると、自分のやりたいこと・向いている仕事がわかってくるからです。

実際に働いてみると、「人と接する仕事が楽しい」「自分はもくもくと作業するほうが向いている」など、自分の適正がわかるようになります。

職業の適正が分かれば、就職活動もスムーズに進められるでしょう。実際に働いた経験や実績がある人ほど、ぶれることなく自信を持って就職活動に臨めます。

ぜひとも、アルバイトを通して自分の適性を推し量って見て下さい!

就職活動に役立つ情報が得られる

就職活動に役立つ情報が得られる

バイト先の先輩や社員から、就職活動に役立つ情報が得られるのもバイトをするメリットです。

「ここの企業ではこんな圧迫面接をされた」「●●企業の内定パーティーは凄い」など、なかなか知ることのできない裏事情で盛り上がれるのもバイト先ならでは。

もちろん学校でも就職情報は得られますが、年代の近い先輩が話してくれるリアルな体験談は貴重です。

バイト先の先輩から就活で活かせる情報をGETするのもアリですよ٩(๑´3`๑)۶

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。