英語:人称代名詞とは?やり方次第でもっとキレイな訳に!

どうも、Seigaです。

今回は、「人称代名詞」について詳しく解説していきます!

こんな方に読んでほしい記事

  • 人称代名詞」について詳しく知りたい方
  • カタい和訳から自然な和訳にしたい方
  • 英語を学習し直そうと考えておられる方

人称代名詞ってそもそも何?

人称代名詞ってそもそも何?

中学校で習う、I-my-me-mine (私、私の、私に、私のもの)とかが「人称代名詞」と呼ばれています!

人称代名詞は言葉で説明するよりも、視覚的に確認するほうがわかりやすいです。

人称代名詞:一覧表

  主格 目的格 所有格 所有代名詞
1人称 単数 I  me  my  mine 
複数 we  us  our  ours 
2人称 単数 you  you   your  yours 
複数
3人称    男性 he  him  his  his 
女性 she  her  her  hers
モノ it  it its 
複数

they 

them  their  theirs 
さらっとおさらい!

「人称について」

  • 1人称話をする本人
  • 2人称話をする相手
  • 3人称第三者

「格について」

  • 主格主語として使われる(例)am a student
  • 所有格名詞を所有する(例)My desk
  • 目的格目的語として使われる(例)You like me
  • 所有代名詞「〜のもの」という意味になる(例)It’s mine

「称」という字には、名付けるという意味があるので、「人称」は人を名付けることと考えれば、you とか、he とか、she って話し手によって区別されるわけですね!

(「称」という漢字について、詳しくはこちらのサイトに書いてあります)
https://www.kanjipedia.jp/kanji/0003385400

人称代名詞:全部訳したらクドくなる説

人称代名詞:全部訳したらクドくなる説

人称代名詞が多く含まれている文章を選びました!

例文

Proverbially, you can know a man by one of two ways. You can know a man by the books he keeps in his library; and you can know him by the companies he keeps.

※ Proverbially(副:格言的に、諺に従えば)

忠実に直訳すると、以下のようになります。

「格言的に、あなたは2つの方法の1つによってある人を知ることができる。あなたは、の書斎に持っている書物によってある人を知ることができる。そしてあなたは、が付き合っている仲間によってが知ることができる。」

人称代名詞をすべて赤文字にしました!

読んでみたけど、訳わからん(・.・;)

正直、訳しててこんな感じでした(泣)

そこで、代名詞の扱い方を公式として紹介します٩(๑´3`๑)۶

代名詞の扱い方(公式)

代名詞の扱い方
  1. 代名詞は原則として切る(無理に訳出しない)
  2. ただし、切ってしまっては文意が曖昧になるときは、ただ「彼」とか「それ」とか訳すのではなく、元の名詞にもどして訳出する
  3. 場合によっては、「自分」という表現を活用する

パッと理解するのは難しいので、例文を解説する中で話をします!

例文を解説!

人称代名詞として、” you ” が多く登場してますが

” we “” they “ あるいは ” one “ などと同様 ” you “総称人称と呼ばれています!

総称のyou

” you “ は状況によって、「一般人・みんな・誰でも」といった意味を持つことがあります。

実際に、例文で確認してみましょう!

総称の ” you ” を用いた例文

You have to take take your shoes off in Japanese houses. Did you know?

「日本の家では(世間一般的には)靴を脱がなくちゃいけないんだよ。知ってた?」

You can’t drink till you’re 20.

「20歳になるまでお酒は飲めない。」

・Exercise will get you better.

「運動は身体にいい」

” you ” を「あなた」と訳すと変に限定してしまい、違和感が出てしまいます。

(例えば、「20歳になるまでお酒は飲めない」を「あなたは20歳になるまでお酒は飲めない」と訳すと、何で「あなた」って限定したん?ってなりますねw)

” he “、” his “、” him “ はすべて ” a man “「人柄」を指しているので、表に出して訳しませんでした。

” a man “ も「ある男性」としてしまうと、先ほどみたいに変に限定した訳になってしまいます。

” a man “ を「人間」と訳そうと思ったのですが、個人的に「人間を知る」より「人柄を知る」の方が一般的な表現だと思って、こんな訳に仕上げました!

模範解答

Proverbially, you can know a man by one of two ways. You can know a man by the books he keeps in his library; and you can know him by the companies he keeps.

「諺に従えば、人柄を知るには2つの方法がある。書斎に持っている本によって知ることもできるし、付き合っている仲間によって知ることもできる。」

ここで、どうして英語と違って、日本語は「代名詞を表に出さないのか」という点を明らかにしたいと思います!

日本語が代名詞を表に出さないワケ(雑談)

いきなりですが、

問題

①サル②イノシシ③バナナ

この3つのうち、関連が一番ありそうな2つを選びペアを作れ

アメリカの大学の研究で、日本人と欧米人にこの問題を出しました。

大半の欧米人は「哺乳類かつ4足歩行」との理由で「①と②」と答えたのに対し、

多くの日本人が「サルとバナナの関連性」から「①と③」を選びました。

この点から導き出された結論が

英語と日本語との考え方の違い

英語:物事を抽象的客観的論理的に述べようとする

日本語:その場( situation, context )を踏まえて、発想する

日本語って割とその場の雰囲気で内容を理解したり、相手がもう分かっている事柄に対して省略したりしますねw

(外国人の方にとって、日本語が難しい理由の一つだと思います)

日本語って割と感覚で話したりするのが多いのって、無意識の内に「その場を踏まえている」ワケですね!

人称代名詞:練習問題

人称代名詞:練習問題

身に付けた知識はアウトプットして、使えるようにしましょう!

練習1

You must remember that the author is not drawing a faithful portrait of himself, but creating a character for the specific purpose of his story.

※ author(名:著者)

※ faithful portrait(形:忠実な、正確な)

※ portrait(名:肖像画)


解説(練習1)

” You ” は読者に呼びかけた代名詞(総称のyou)これは、無理に訳出する必要はありません。

今回大切なのは、公式の3つ目である

場合によっては、「自分」という表現を活用する

コレを活用しました!

” himself ” を「自分」と訳しました。

模範解答

You must remember that the author is not drawing a faithful portrait of himself, but creating a character for the specific purpose of his story.

「忘れないでいただきたいが、作者は別に、正確な自分の肖像画を描こうとしているのではない。物語にある特定の目的のために、一人の登場人物を創り出そうとしているのだ。」

練習2

Children frequently refuse to follow instructions for no other reason than that they have been told to do a certain thing. It is one way for a child to prove to himself that he is somewhat independent.

※ frequently(副:頻繁に)

※ instruction(名:指示)

※ somewhat(副:いくぶん)

※ independent(名:独立)


解答(練習2)

どうしても代名詞を訳出せざるをえない時は、「自分」といういい方をしたほうがいいと思います。

(個人の経験上なので、一種の誤魔化しであるような感じがしますが、日本語本来の発想に忠実であると思います)

同様に ” himself ” を「自分」と訳しました。

模範解答

Children frequently refuse to follow instructions for no other reason than that they have been told to do a certain thing. It is one way for a child to prove to himself that he is somewhat independent.

「子どもというものは、ただ人に何かをしろと言いつけられたというだけで、言いつけを聞こうしないことがよくあるものだ。こうすることで、自分がいくぶん独立した人格であるということを、自分自身に証明しようとしているのである。」

大学生におすすめの英語本【三人称単数現在形のsはなぜ付ける?】

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。