英単語VALUE(バリュー)本で受験英語を攻略! 

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)
どうも、大学生ブロガーのSeigaです。
今回は、英単語の使用頻度をデータ分析して作られた『VALUE』について詳しく解説します!

こんな方に読んでほしい記事

  • 英単語VALUEについて詳しく知りたい方
  • 入試を控えている中学・高校生の方

英単語VALUEで英語を攻略!

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)
これらの本を紹介していきます!
各本の内容と、実際の読者の感想を載せました(*´ڡ`●)

データ分析 英単語VALUE1000

データ分析 英単語VALUE1000

『データ分析 英単語VALUE1000』の内容

 

中学・高校教科書に使用されている英単語を徹底的に分析し、「コミュニケーション英語Iレベル」の英文読解に欠かせない1000語+基本200語を精選。約30万語の教科書コーパス(言語データ)の解析により、「教科書に出る語・出る意味・出る例文」を掲載。

中学3年間~コミュニケーション英語Iに頻出する1900語レベルまでの英単語1200語を、段階的に学習できるように、200~300ワードレベルごとに区切って提示。序章「WARM UP」は中学2年生までに学習した語で構成。

本書を購入した読者の感想

英単語には1つの単語の中に複数の意味があるものだが、3訂版になってそれぞれの意味に対して例文が挙げられいて、その使われ方が文の中で確認できるようになっている。
この様な単語集は他には非常に少ない。
また旧版と比べてみて改定でレイアウトも見やすくなった。
また類義語や言い換え語を見やすく並べてあるのも、
受験を踏まえた上でも優れた点だと言えるだろう。
これから買うなら間違いなく3訂版を買うべきだ。

また別冊として受験でよく問われる間違え易い類義語がまとめられているのもとてもありがたい。

三訂版 大学入試データ分析 英単語VALUE 1400

三訂版 大学入試データ分析 英単語VALUE 1400

『データ分析 英単語VALUE1400』の内容

 

センター試験レベルの入試頻出語を精選。見出語1408+熟語189(+WARM UP 200)。約600万語の入試コーパス(言語データ)分析により高頻度の単語・意味・例文を掲載。

コーパス分析により、適切な語義・解説・派生語を提示。3色を効果的に使い、頻出のコロケーションが一目でわかる。学習しやすいワードレベル・ジャンル別の構成。複数の意味を持つ語には複数の例文を用意。類義語の使い分けを理解できる別冊「英単語 使い分け表現集」つき。

本書を購入した読者の感想

社会人のおばちゃんですが、やり直し英語で使用しています。
左ページに単語と意味、右ページに例文というシンプル構成。

昨今の単語帳と比べると地味かもしれませんが、
1日1stepで5stepまでを平日の電車の中で練習しています。
音声はウォークマンに入れて聞いていますが、もちろんスマホでもOK。

土日は1~5の復習をウォークマンで掃除や家事をしながら聞き流して2か月ほど。
これと中学レベルの文法書でTOEIC400から600点まで行けました。
例文も瞬間英作文的に使えるので便利です。

英単語VALUE1700―大学入試データ分析

英単語VALUE1700―大学入試データ分析

『データ分析 英単語VALUE1700』の内容

 

近年の大学入試(約3500試験)を徹底的に分析し、「二次試験標準レベル」到達に最適の1700語+発展200語を厳選。約600万語の大学入試コーパス(言語データ)の解析により、「試験に出る語・出る意味・出る例文」を掲載。

「高校学習語」とされる4500語レベルまでの英単語1700語を、段階的に学習できるように、おおむね500ワードレベルごとに区切って提示。別冊「使い分け表現集」で、単語に対する理解を深化。

本書を購入した読者の感想

リスト型の単語集の中では特に良く出来ている一冊だと思います。
単語の意味ごとに例文が載せられているので非常に勉強がしやすく、情報量も多いにもかかわらず、
レイアウトがいいため煩雑な印象を受けません。
語法に関するコラム(『オーレックス英和辞典』の「PLANET BOARD」に近いもの)がちょっとしたアクセントになっていて、飽きずに進められます。
別冊の「英単語使い分け表現集」も、英作文の力になってくれるでしょう。

音声ダウンロードの手順がやや面倒ですが、欠点はそのくらいだと思います。

あと、書名は1700ですが実際は熟語も合わせ2200語近く掲載されています。

『VALUE1400』も合わせ、総合的に見てお勧めの単語集です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。