英語で本の参考文献を書く【書き方・日本語との違いは?】

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)
どうも、大学生ブロガーのSeigaです。
今回は、英語で本の参考文献を書くときの書き方・日本語との違いについて詳しく解説していきます!
1,2分で読める短い記事ですので、サラッと目を通してもらうだけでOKです(*´ڡ`●)

こんな方に読んでほしい記事

  • 本の参考文献を英語で書くときのルールを知りたい方
  • 本の参考文献を書くときの日本語・英語での違いを知りたい方
  • 英語に深い関心のある方
本に関する英語まとめ【発行者・著者・見返し・奥付など】 英語で本のタイトルを書く【書き方のルールを詳しく解説】

参考文献の書き方【日本語・英語】

注(引用・参照文献)の書き方

注(引用・参照文献)の書き方

1.単行本の場合

和書

J.D.サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』野崎孝訳(白水社、1988年)、58頁。
著者『作品名』訳者(出版地、出版者、出版年)、引用・参照ページ。
→出版地が東京の場合は省略する。訳者名は作品名の後に表記する。

洋書

J.D. Salinger, (Boston: Little Brown, 1951), p.58. The catcher in the rye
著者, (出版地:出版者,出版年), 引用・参照ページ. 作品名
→作品名はイタリック体で表記する。手書き原稿の場合は、アンダーラインを引く。

2.論文集のなかの論文や作品集のなかの短篇などの場合

和書

光永司雄「J.D.Salinger, The Catcher in the Rye の英語における特徴」、日本大学法学部研究所編
『日本大学法学部創立八十年記念論文集』(日本大学法学部研究所、1970年)、315頁。
著者「論文名」、編者名編『収録書名』(出版地、出版者、出版年)、引用・参照、ページ。
→サブタイトルがある場合は、本題の後にダッシュを付けて表記する。

洋書

Dennis L. O’Connor, “J.D.Salinger’s religious pluralism,”Harold Bloom, ed., (New York: J.D.Salinger
Chelsea House,1987), p.98.
著者, ”作品名,”編者名,ed., (出版地:出版者,出版年), 引用・参照, ページ. 収録書名
→収録書名のなかに、さらに単行書名が含まれているときはその部分をイタリック体にする。

3.雑誌に掲載された論文の場合

和雑誌

藤井健三「J.D.サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』の英語―作品の主題を探って」、 『中央大学文学
部紀要』185号(2001年)、15-16。
著者「論文名」、『雑誌名』巻号または通巻号(発行年)、引用・参照ページ。

洋雑誌

Y. Takeuchi, “Salinger’s THE CATCHER IN THE RYE” , vol. 60 no. 3 (2002):164- Explicator 165.
著者, “論文名” , 巻号または通巻号 (発行年): 引用・参照ページ. 雑誌名
→雑誌論文の場合のページの表記は、pp.164-165とはせずに 164-165 とする

参考文献リストの書き方

参考文献の書き方の基本
  1. 1次資料(作品)と2次資料(作品に関する批評や参考文献)とに分けて書く。
  2.  記載の順序は和書は50音順、洋書はアルファベット順に配列する。また、主題によっては出版年順に
    配列し、同年の場合は著者のアルファベット順という方法もある。

1.単行本の場合

和書

サリンジャー,J.D. (野崎孝訳)『ライ麦畑でつかまえて』白水社、1988年。
著者(訳者)『作品名』出版地、出版者、出版年。
→出版地が東京の場合は省略する。

洋書

Salinger, J.D. Boston: Little Brown, 1951. The catcher in the rye
姓,名. 出版地:出版者, 出版年. 作品名
→著者はファミリーネームから表記する。作品名は で表記する。 イタリック体

2.論文集のなかの論文や作品集のなかの短篇などの場合

和書

光永司雄「J.D.Salinger,The Catcher in the Rye の英語における特徴」、『日本大学法学部創立八十
年記念論文集』日本大学法学部研究所、1970年。
著者「論文名」、『収録書名』出版地、出版者、出版年。

洋書

O’Connor,Dennis L.”J.D.Salinger’s religious pluralism,”, Ed. Harold B J.D.Salinger loomed. New York:
Chelesa House, 1987.
姓,名, “作品名,”, Ed. 編者名,出版地:出版者,出版年. 収録書名

3.雑誌に掲載された論文の場合

和雑誌

藤井健三「J.D.サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』の英語―作品の主題を探って」、『中央大学文学部
紀要』185号(2001年)、1-28頁。
著者「論文名」、『雑誌名』巻号または通巻号(出版年)、掲載全ページ。

洋雑誌

Takeuchi, Y.“Salinger’s THE CATCHER IN THE RYE” , 60-3 (2002): 164-166. Explicator
姓,名, “論文名” , 巻号または通巻号(出版年),掲載全ページ.


最後まで読んでいただきありがとうございました!

広告

2 COMMENTS

Yoshiki Yamaguchi

数日前に投稿されていた関谷英里子さんの書籍を購入しました。勉強してみます。これからも有意義な投稿楽しみにしています。

返信する
Seiga

おお!そんな風に思っていただけてめちゃくちゃ嬉しいです(*´ڡ`●)
スゴいありがたいですし、モチベーションにもなります。読んでいただいて本当にありがとうございます٩(๑´3`๑)۶

返信する

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。