YouTube予備校「ただよび」現代文の宗慶二先生はどんな人?

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)
どうも、大学生ブロガーのSeigaです。
今回は、YouTube予備校「ただよび」文系現代文科を担当されている宗慶二先生がどんな方なのか?見ていきたいと思います(*´ڡ`●)

こんな方に読んでほしい記事

  • 宗慶二先生について詳しく知りたい方
  • YouTube予備校「ただよび」が気になる方
  • 宗慶二先生の授業を実際に受けたことのない方

宗慶二先生はどんな人?

宗慶二先生の特徴は?

宗慶二先生の特徴3つ!
  1. 現代文講師として日本トップクラス
  2. 入試問題のハイレベル分析
  3. タメになる雑談

1.現代文講師として日本トップクラス

宗先生の出身大学は京都大学経済学部(医学部から編入)

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)

いろいろなメディアに出演する機会に恵まれているとおっしゃる宗先生。
そんな先生ならではの出来事を語っておられます!

当時はよく道で生徒に声をかけられました。

でも、生徒もタイミングを狙わずに声をかけるみたいで、、、

ディズニーランドのアラジンのエリアで、突然

「宗先生ですか?」

と高校生が声をかけて「うわぁ~宗先生だぁ」となったのですが、、、

宗先生はディズニーキャラのカチューシャを付けていて

慌てて取るわけにもいかないので、この状態のまま手を差し伸べて

『頑張って!』

とめちゃくちゃ似合わない頑張ってが飛び出しましたwww

閑話休題

コンビニでも声をかけていただくこともあって、嬉しいんですけど

コンビニの棚って一部いかがわしいものがあったりするので、

どこで声かけられるか勝負なんですよw

できるだけ素早く反復横跳びですね

清涼飲料水のコーナーで「あれっどうしたの?」って声をかけられるスキルを磨きましたw

(先生談)

 

宗先生は、河合塾・東進と大手予備校で長年超人気講師として活躍されました!

高校生で数学の家庭教師をボランティアとしてされ、その後、

塾の先生、予備校の講師とキャリアを上げてこられたことが現在に繋がっていると思います(*´ڡ`●)

自分の中で思い上がってしまって、

職務質問されているのをサインを求められていると勘違いしてしまったw

マスクをして、サングラスをかけて、帽子をかぶっていたので、、、

ただ自分では、普通に歩いているつもりでスーツケースを引いていたら

おじさんが「すみません」と呼び止めたのですが

プライベートなんだけど!って一瞬断ろうと思ってたんだけど

警察手帳を見せられて、手荷物検査が始まりましたw

粉末の白い粉(胃薬)を持っていて、コレはなんですか!?の質問に

バッと手を挙げたら、私服警官がいっぱい潜んでいて囲まれた!!

緊張して薬の名前が思い出せなくなってしまって、

「一つ差し上げます」

コレで何とかしのげたんですが、3週連続で同じ警官、同じ場所で職務質問ww

「いい加減顔覚えてください」

(先生談)

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)

同じく現代文講師の林修先生も宗先生の実力は認めておられます!(林先生はかなりの批評家ですw)

2.入試問題のハイレベル分析

宗先生の授業

難関大学の過去問の出題傾向を分析し、授業に反映させることで、生徒の合格率をアップさせる!

宗先生は問題を監修される立場的に書類関係の仕事が多くなります。

難易度の高い大学など幅広い大学の出題傾向を自然と掴むことができるため、

知識をいかに生徒に還元できるか!?を大事にされています٩(๑´3`๑)۶

受験生全般に言えることですが、インプットの側に学習スタイルが偏っている学生が多いです。

しかし、入試は「自分がアウトプットできてなんぼのもの」

従って、宗先生は合格への生徒の導き方を常に授業で心がけておられます!

3.タメになる雑談

宗先生の雑談

自分が日常見聞きしたことを、現代文の授業に関連させる!【余談と読解の技術を繋げる】

雑談は本来絶対必要な部分ではないからこそ、正直な自分が出るところであり、予備校講師の持ち味が出るところでもあると語る宗先生。

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)

宗先生の実際の雑談を紹介します!

車がパンクしたことがありまして、町中だったんで、またタイヤ交換するのお金かかるなぁ

どうしよう!?このまま走れないしと思ってチラッと看板を見ると

「パンク修理300円」

という大きな看板が! 安いっ!と思ったけど、当然それはおかしくて

よく見ると、その店には自転車がたくさん並んでいて、車が停まれるような場所はなかった。

ああ、自転車のパンクなんだと思って、当たり前かぁと思ったんですけど

これって、文章を読む時と似ていて

「パンク修理300円」という文言だけ注目すると、どうとでも取れるんですよ。

ただ、それがどんな店構えであるのか?

例えば、店の前に自転車が停まっているのか? 車の駐車場はあるのか?

こうした周辺の情報を集めると、その看板には一言も「自転車のパンク」とは書いていなくても、

自転車のパンクの修理だ!って意味が浮かび上がって来るでしょう?

そして、たくさんの手がかりを総ざらいして意味をあぶり出すというのは、

実は現代文の読み方に似ているんですね。

Seiga(理系大学生)
Seiga(理系大学生)

最後になりますが、宗先生のYouTube予備校「ただよび」に対する意気込みで締めたいと思います。

宗先生の「ただよび」現代文の授業に対する意気込み

勉強というのは辛いばかりではなくて、続かないとダメだと思います。

続ける人は、継続は力といいますから、強い人間にはなっていくんですが

そのために1番大事な要素は『楽しむこと』だと思います٩(๑´3`๑)۶

楽しめた人間は、続くし強くなっていく!

国語の勉強が嫌いな人は、文章を読むことにアレルギーが発生してダメだって人が多いんですけれども

できれば、そういったアレルギーを解きほぐして、気持ちから楽しいと思える授業を展開していきたいと考えています!

こういったチャンスを頂いた以上全力で取り組みますので、みなさんもぜひ楽しんで御覧ください。


最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。