理系大学生の英語音読法【音読こそが最強の英単語の覚え方】

英語の音読っていっても、
やり方もよく分からんし、できる場所も限られとるやろうし、そもそもどれぐらい音読に効果があるのかすら分からへん(^o^;
音読自体にどれだけの価値があるん!?

今回は、英単語暗記に効果的な音読について詳しく解説していきます!

この記事はこんな人にオススメ
  • 英語の勉強法に悩んでいる人
  • 英語力をもっと効果的に伸ばしたい人
  • 英語を”音読”する価値って何があるん?と感じている人
  • 大学受験で英語の点数を伸ばしたい人

結論から言うと、「音読ってどういう風にやればいいのかわからない」って人は、一生モノの英語学習法パワー音読(POD)をすれば間違いなしです!

本記事を読んで分かること

  1. 英語の音読のやり方
  2. 英語の音読のメリットとデメリット
  3. 英単語の暗記にどれぐらい効果的なのか?

一番大切な「英語の音読のやり方」から解説していくよ!!

 

英語の音読のやり方って!?

英語の音読のやり方って!?

”パワー音読(POD)”ってなに!?

〈Point〉POD =「 感情」「 スピード」「 反復」「 集中」 という 4 つ の 力( パワー) を 利用した音読

「英語」の音読は残念なことにただ英文を声に出して読むだけでは、英語を話す力がつきません(泣)

そのために、後にある6つのSTEPを踏むわけですが、大前提として以下のことを押さえておいてください(*´ω`*)

英語を流ちょうに話すことのみに特化したトレーニング法が「 パワー 音読」( POD)です!!

今更かもしれませんが、、、

(読み飛ばしてもOK)そもそも、「流ちょう」に英語を話すって一体なに!?

流ちょうとは「 言葉が滑らかに出てよどみないこと」(『 大辞泉』 小学館)

言葉とは思考や感情を表現する器であり、人は自分の思考や感情を外の世界 に伝えたいとき、それを的確に表せる語彙を頭の中から選び出して組み合わせ、 声に出して届けます。「 英語を流ちょうに話す」とは、 この一連の作業 を、 英語でなめらかに途切れなく行うことです。

(『パワー音読入門』より抜粋)

これを読んで、僕自身ハッとなりました(゚д゚)!

作者である横山カズさん自身、幼少時にテレビで見た同時通訳者の仕事ぶりに感銘を受け通訳者を志したのだそう。

ただ、中学・高校の英語の成績は赤点スレスレで、高3夏時点の偏差値は30。

かろうじて大学に進学した後、完全独学で英語を磨き始め、試行錯誤を経て、英語独習メソッド「パワー音読」を開発したみたいです!

わずか1年で通訳エージェンシーに登録。

今では、英語同時翻訳者通訳者として活躍されてて、IT や医療分野まで幅広い通訳をされています。

”パワー音読(POD)”ってマジでスゴイですね!

 

”パワー音読”で英語力を一気にup!

”パワー音読”ってどんな音読のやり方何ですか!?

まずは、パワー音読の概要と、各STEPの〈Point〉を紹介していくよ!

パワー音読の概要を紹介!

パワー音読の概要!
  1. 50~100語の英文素材を
  2. 10~15分で
  3. 感情を込めて、なるべく速く、たくさん音読する

パワー音読について書かれている本が、『パワー音読入門』なんですが、、、

この本の素晴らしいPointは、たくさん音読しなければいけないとキチンと書いてあることです!

やたら、「ラクに」とか「スグに」とか謳っている英語学習参考書が多い中、

『パワー音読入門』は、質の高い練習をたくさんこなす重要性を説いています。

「たくさんやる必要がある」と理解した上で、質の高い勉強法(どのように・どのくらい)を説明しているので、本書の通りに学習を進めれば間違いなく上達するはずです。

パワー音読の6STEP

STEP.1
チャンク音読(2分)
意味のカタマリをとらえる
STEP.2
ノーマル音読(2分)
発音を確認する
STEP.3
ささやき音読(2分)
子音の発音を改善する
STEP.4
和訳音読(最大1分)
英文の意味を母語で腑に落とす
STEP.5
感情音読(3分)
英文と自分の感情を直結させる
STEP.6
タイムアタック音読(5分)
英文を脳に叩き込む

各STEPの〈Point〉について説明していくよ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。