大学生におすすめの英文法参考書6選Part3【英語が苦手な方】

どうも、Seigaです!
今回は、現役大学生が伝えるオススメの英文法参考書を紹介します。
英文法をより深く知ると、自分の意志を表現できる幅が広がりますし、何より英語がもっと好きになります(*´ڡ`●)
TOEICなどの対策用の参考書から、イラスト付きで英文法の根幹が分かりやすい本、学術的で文字だらけだけど超詳しい本など様々な観点から選び抜きました。
最後まで読んでいただけると幸いです٩(๑´3`๑)۶

まとめ記事はこちらです!

大学生におすすめの英語文法書6選【すべての英語学習者へ】
この記事はこんな人にオススメ
  • 英語を将来話せるようになりたい方
  • 英文法をマスターしたい方
  • ライティング・スピーキングに英文法の知識を活かしたい方

〈まず初めに〉英文法を学習するメリット

英文法って勉強しているとどうしても堅苦しく感じてしまうモノ

そんな時には、ぜひとも英文法を学習するメリットを思い浮かべて下さいね(*´ڡ`●)

〈Point〉英文法を学習するメリット(超重要)

  1. ライティングスキルが向上することで、英文のクオリティーが上昇する
  2. 英文法を学習する上で得られる経験則から、様々なシチュエーションで用いられる英語表現が理解できる
  3. 訳出がしやすくなるため、確実にリーディングスキルが伸ばせる
  4. リスニング・スピーキングのトレーニングを通して、実際に英会話で用いられている英文法が理解しやすくなる
  5. 英語に対する知識自体が深まり、英語がもっともっと好きになる

パッと思いつくのだけで5つ上げましたが、正直いちばん大事なのは最後の5つ目。

英文法を学習するともちろんその分、疑問点が湧きます(-.-;)

でも、勉強に疑問点はある意味付き物で、その疑問が理解できた時

めっっちゃ賢くなります(゚д゚)!

無理やり詰め込んだ知識なんてスグ忘れてしまいますが、自分で理解して得た知識は別です!

このときの感覚はなかなか気持ちいいものです(*´ڡ`●)

この感覚を得続けることが勉強の醍醐味かもしれませんね!!

オススメの英文法参考書6選

英語に苦手意識のある方へ2選

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】(大岩秀樹 著)

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】(名人の授業)
『大岩のいちばんはじめの英文法(超基礎文法編)』review

高校に入ると、英語の勉強が雑になり、いつの間にかわけわからなくなってしまう人は多いと思います。たとえば、最初のころはサボってたけど、関係代名詞あたりから本気出そうと思って心機一転始めてみても、「ん?形容詞って何?形容詞節って?節って何だよ?」みたくなり、困ってしまうとか。そういう人が、復活の手がかりとして取り組むのにベストな本だと思います。もちろん、つまずく前に、早期から取り組めば、その後の学習がスムーズに進むはずです。この手の本は何冊か出ているのですが、この本がベストだと私が思う理由は、

①単語が難しくない
②本当に必要な基礎が説明されている
③記号等の使用に一貫性がある
④勢い等にまかせず、丁寧に説明している
⑤適度に色を使っていて見やすい
⑥本書の内容を理解すれば、学校の先生の説明や他の参考書の説明がわかるようになる

などです。私が読んでみた他の本では、最初から単語が難しかったり、勢いまかせで説明が雑だったりと、英語が苦手な人のことを本当に考えていないと思わせるものが結構あります。しかも、けっこう有名な先生の著作だったりするので、注意が必要です。英語で困っている人は、とりあえずこの本に取り組んでみてはいかがでしょうか。

高校生から社会人まで、英語学習者には「いちばんはじめ」に読んでほしい、中学レベルからの「超基礎」英文法を講義形式で教える本です。

参考書を実は最後まで読み切れたことがなかった自分が初めて最後まで読み切れた思い出の本であります٩(๑´3`๑)۶

めっちゃくちゃ懇切丁寧に解説されているので、疑問点ナシに読めると思います!!

この本を読んで、確実に基礎を固めて下さい。この記事を書く上でもう一度この本を読んだのですが、懐かしさと安定のわかり易さでしたww

(下に『大岩のいちばんはじめの英文法(超基礎文法編)』のリンクを載せました)

https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%B2%A9%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%B0%E3%82%93%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%AE%E8%8B%B1%E6%96%87%E6%B3%95%E3%80%90%E8%B6%85%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E6%96%87%E6%B3%95%E7%B7%A8%E3%80%91-%E5%90%8D%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%8E%88%E6%A5%AD-%E5%A4%A7%E5%B2%A9-%E7%A7%80%E6%A8%B9/dp/4890855890/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E8%8B%B1%E6%96%87%E6%B3%95&qid=1580974654&sr=8-4

是非とも『大岩のいちばんはじめの英文法(超基礎文法編)』を読んでから次に紹介する本を読んで下さいね。

この本で英語の基礎を固めた上で他の参考書を読んでみると違う感覚で読めると思いますよ(*´ڡ`●)

絵でわかる英文法イメージハンドブック(渡瀬篤雄 著)

絵でわかる英文法イメージハンドブック(渡瀬篤雄 著)
『絵でわかる英文法イメージハンドブック』の内容

イメージでつかむから、すぐに使える! ずっと使える!
ことばだけの説明だけではわからない英語のイメージが絵と図でしっかりつかめるから、「伝える」ための英語力が身につく! 英文中のシンプルな形式にイメージを重ねたり、前置詞の基本イメージを少しずつ変化させることによって、今までただの暗記だった英語学習に新しい道筋が見えてくる。30年以上、英語を教え続ける講師がたどり着いた英文法の「最高傑作」! ! 大学受験、学び直しにも。高校生から社会人まで必読の1冊です。

■丸暗記していたルールも「絵」で見てわかる! イメージで「使える英語」が身につく!
1つ1つのことばにはイメージがあり、そのイメージはそれぞれのことばに特有のもので、多くの場合、ほかのことばに訳すことが難しいものです。こうした「訳すことが不可能」と思われてきた部分に説明を加えず、「丸暗記」を強いてきたのが、日本の英語学習の一つの側面と言えます。
「訳す」ことのできないこうしたイメージの解説を可能にするのが、「絵」にすることです。本書ではこうした日本語に訳すことのできない英語のイメージを600点超のイラストを交えて解説します。
これまでの学習ではわからなかった表現や、丸暗記をしていた文法事項も、本書のことばと絵による解説を読み進めていくうちに、しっかり理解でき、「使えるルール」に生まれ変わるはずです。

■日本人学習者がつまずきやすい「文法項目」を厳選して掲載。
本書では、一般に英語の形式と意味になんの関連もない覚え方がされていると思われる項目を優先し、「文法編」と「前置詞編」の2部構成で解説していきます。
「文法編」では、「不定詞と動名詞」、「aとtheの違い」、「関係代名詞のルール」、「他動詞と自動詞の違い」など、学習者のみなさんが丸暗記をしてしまいがちなテーマに、ことばと絵を交えて、しっかり解説します。
「前置詞編」では、inやonなどとりあげるすべての前置詞について、それぞれの前置詞がもつ「基本イメージ」を絵で示し、その「基本イメージ」を活用することで前置詞の全体像が把握できます。さまざまな日本語に訳されることの多い前置詞も、1つの「基本イメージ」をおさえるだけで、しっかり使いこなせるようになります。

この本は結構感動した本です(●´ϖ`●)

是非とも『大岩のいちばんはじめの英文法(超基礎文法編)』で基礎をコレでもかってぐらいにカッチカチに固めてから読んで下さい。

筆者直筆のイラストが600個もあるおかげで、分かりやすくかつ見やすいですし、なんと言っても基礎を固めたが上の発見もあります٩(๑´3`๑)۶

頭に残りやすくイラストにも工夫がされていますし、やっぱ俺この本好きだなぁって感じさせてもらえた一冊ですw

(下に『絵でわかる英文法イメージハンドブック』のリンクを載せました)

〈最後に〉数ある参考書からこの2冊を選んだ経緯と実際やった感想

〈最後に〉数ある参考書からこの2冊を選んだ経緯

『大岩のいちばんはじめの英文法(超基礎文法編)』と『絵でわかる英文法イメージハンドブック』は英文法の堅苦しいイメージを変える本

英文法書がこの世にたくさん存在する中で、英語に苦手意識のある方向けに選んだ基準としては

  1. 解説がどこまで丁寧かつ具体的に書かれているか
  2. その本がどれだけ多くの方に使われているか
  3. 実際に読んでみて、飽きないか
  4. イラストを用いて視覚的に読者に訴えかけているか
  5. その参考書が次に読む参考書を理解するのに効果的に働くか

以上5つの基準+α、オススメする参考書は2冊だけという制限をかけました。

というのも、よくある例として

オススメの参考書があまりにも多くピックアップされているため、結局どれが1番オススメなのか分からない。

という事態を防ぐためです。

『大岩のいちばんはじめの英文法(超基礎文法編)』はしっかりと名詞・動詞・形容詞・副詞って解説しているけど、英文法の堅苦しいイメージのままなんじゃとやってて感じられるかもしれません。

僕も最初はそうでした、、、

けど、品詞をしっかりと理解した時英文の見方が異なるのも事実です。

要は、英文法は最初は堅苦しいんですけど理解すればするほどそのイメージが壊されていきます。

その過程を楽しめる本こそ『大岩のいちばんはじめの英文法(超基礎文法編)』だと思います!

さらに、完全にそのカッチカチのイメージを木っ端微塵にするのが『絵でわかる英文法イメージハンドブック』だと考えます!

まずは、英文法に対する苦手意識をぶっ壊しませんか!?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。