理系大学生の英語勉強法【英検準1級 リスニング対策 1日目】

どうも、とある理系大学生のSeigaです!
英検準1級を受けようと考えている人【リスニングで苦労している人】で「リスニングをやろうと思ってもなかなか単語が聞き取れないし、スピードが早すぎて理解が追いつかない。リスニングってただ聞いてるだけじゃなかなか力がつかない、、、具体的な方法を教えて!!」
という方に向けてこの記事を書きました٩(๑´3`๑)۶

 

この記事は、英検準1級を合格する過程を物凄くリアルに、かつ分かりやすいリスニング解説付き”でお届けします(*´ڡ`●)

注意:読者の皆さまへ
英検準1級合格へのまとめ記事は、英検準1級が実際に受かってから書きます!

英検準一級に受かっていない状態で書くからこそ、リアル
まさに背水の陣じゃな(゚д゚)!

本記事のテーマ

英検準1級 リスニングを徹底的に理解する!

最初に:実際に問題を解いてみる

最初に:実際に問題を解いてみる

〈Part1〉全12題、ここでどれだけ稼げるかが勝負所

No.1

options
  1. The best class to take.
  2. The school’s new professor.
  3. A school assignment.
  4. A lecture they attended.

解説:〈No.1〉”awful”という単語が聞き取れたか

“awful” 「ひどい」というのが、今回の問題のkeyword!
答えを『』にしてしまった人はめちゃくちゃ惜しい(。>﹏<。)

〈No.1〉の会話内容を再現!

  • 赤文字:問題を解く上で大事な所
  • 青文字:重要な英語表現

 

Hey, Tina. You took Physics 101 already, right?
(やあ、ティナ。もう物理学101[講義]を受けたんだよね?)

 Yeah, last semester, with Professor Abrams.
(うん、前の学期にエイブラムズ教授ので[講義を受けたよ])

What did you think of her? I have to take it next semester, and I’m trying to figure out who would be the best instructor.
エイブラムズ教授についてどう思った?オレ次の学期でその講義を受けなあかんくて、誰が一番ええ講師なんか、その答えを見つけようとしてんねん。)

She was awful! Her lectures were always straying from the topic.Half the time I had no idea what she was talking about.
(エイブラムズ教授はひどかった!彼女の授業はいっつもトピックから外れてた。ほとんど彼女が何について話しとんのか分からんかったわぁ)

Hmm. Can you recommend someone else?
(う~ん。誰か他にオススメできる教授いない?)

Try Professor Taylor. Everybody says he’s much better.
(テイラー教授とかどうかしら。みんな彼はめっちゃイイって言ってるよ。)

Question: What are these students discussing?
(質問:彼らは何について話し合っていますか?)

〈No.1〉解法の手順(正解にたどり着くまでに何を考えているか詳しく解説!)

それぞれの選択肢の和訳

  1. The best class to take.(一番イイ授業を受けること)
  2. The school’s new professor.(学校の新しい教授)
  3. A school assignment.(学校の課題)
  4. A lecture they attended.(出席した講義)

 

“Professor”という単語が聞き取れていたら、
「彼らは何について話し合っていますか?」って質問に対して『』が選べるね

What did you think of her?「彼女についてどう思った?」って質問していることからも明らかだよね。
ただ、講義に対しての感想を女性は述べているね!

エイブラムズ教授って人の講義が”awful“「ひどかった」っていってるよ!

リスニングで大事な『登場人物の感情表現』だね。絶対に聞き逃さないようにしよう!

〈Point〉登場人物の感情表現は聞き逃すな!

〈Point〉登場人物の感情表現は聞き逃すな!

この画像は“aggravate” 「~を悪化させる」

で検索すると実際に出てくる画像。

電話している女性がイライラしているのがひと目で分かりますねw

当然、感情によって声のトーンが変わるので、声で登場人物の感情を大雑把に分析するのもアリですよ!

“aggravate”についてはこちらの記事で解説しました!

理系大学生の英語勉強法【英検準1級英単語 5日目】

“awful”っていう『登場人物の感情表現』から、講義の内容を話し合ってると分かるから『』が答えとなるワケですね!

その通り!『』にしてしまった人は、
The school’s new professor. の”new” が本文内容とズレてしまっていると気づければカンペキですよ(*´ڡ`●)

〈No.1〉会話内での重要な英語表現

1:”figure out”「答えを見つけ出す」

1:"figure out"「答えを見つけ出す」

“figure out” って「理解する・解決する」って意味なんじゃぁ、、、

確かに、そうした意味も存在するがどちらも、”figure out” のニュアンスから若干ズレてしまっている(゚д゚)!

〈Point〉 figure out = understand + find

figure out の正しい解釈としては、『状況を理解して答えを見つけ出す』です!

figure out の “out” は『答えを見つけ出す』の『出す』の部分に相当します。

I figure out how to use it.(使い方を見つけ出した。)

I’ve figured how to use it.(今は使い方を理解している。)

out“を付ける事で答えを探しだした感が出て、付けないと「もうすでに解決してる(しっかり理解してる)」感が出ます。

2:”stray from”「~から脱線する(外れる・反れる)」

2:"stray from"「~から脱線する(外れる・反れる)」

stray from は「~から外れる」って意味で使われて、stray自体に「さまよう・迷う」って意味があるんだ。
stray from the right path way.
(人生の道を踏み外す)
なんて意味でロックの世界で用いられたりするよ(゚д゚)!

strayは名詞で「野良猫」って意味もあるよ!

3:”half the time”「ほとんどいつも・しょっちゅう」

3:"half the time"「ほとんどいつも・しょっちゅう」

half the time は以下の〈Point〉を押さえると覚えやすいよ!

〈Point〉half the time = very often

日本語で直訳すると「半分の時間」ってなるんですが、実際は「しょっちゅう」

って意味で用いられます(*´ڡ`●)

では「半分の時間で」を英語で表現するには!?

in the half time と表現します!

This train will get you there in half the time.

(この列車で行けば半分の時間で行けます。)

(普段のリスニングの勉強法については以下のようにやっています。ぜひ、読んでみて下さい!)

理系大学生の英語音読法【音読こそが最強の英単語の覚え方】

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。