中学生レベルの英語を完璧に【一からやり直したい大学生向き】

中学生レベルをなめたら痛い目見るゾ(゚д゚)!

どうも、ガチで一から復習するからこそ気付けるモノがめっちゃあると思う、とある理系大学生のSeigaです!

中学生レベルからやろうと考えておられる方がこの記事を読んでいただいていると思うので、英語学習兼モチベーション維持におすすめのYouTuberと、一からやるのにおすすめの参考書を3冊ほど紹介したいと思います(*´ڡ`●)

こんな方に読んでほしい記事
  • 中学生レベルの英語からしっかりと学びたい大学生・社会人の方
  • 復習として英語を一から始めたい方

最後まで読んでいただければ幸いです(*´ڡ`●)

英語学習をする上で大切なのはモチベーション維持

英語学習をする上で大切なのはモチベーション維持

英語だけに限らず、勉強をするにはめっちゃ大事なモチベーション維持!

英語のモチベーション維持に大事なこと

好きなことと勉強を組み合わせる!

シンプルだけど、モチベーション維持にはうってつけだと思います٩(๑´3`๑)۶

YouTubeを見るのが好きな方へ:『YouTube✕英語学習』

大学生の英語学習におすすめ英語系ユーチューバー4選

こちらの記事でも紹介した、英語を一から始めたいという方におすすめのYouTuberがいます!

Hapa 英会話

Hapa 英会話
『Hapa 英会話』の動画概要

みなさん、こんにちは!Hapa EikaiwaのJunです。 母親が日本人、父親がアメリカ人のロサンゼルス生まれ育ちのハーフです。幼い時期から両文化で育ってきた僕は、日米双方の教育を受けてきました。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学を卒業し、交換留学で一年間、一橋大学で大学生活を送りました。その後、石川県内灘町役場で国際交流員として赴任し、2年間の勤務を経て、ロサンゼルスへ帰国、2011年に英会話学校「BYB English Center」をアーバインで開校しました。 「言語と文化は切り離せない!」 文化、習慣、教育、考え方から人間関係、双方体験してきた僕は、英語を勉強されている皆さんに少しでも役立つようHAPA英会話を始めました。これまで、英語を教える一方、自身は日本語を学んできた経験から肌で感じたこと・・・それは「言語と文化は切り離せない!」。だからこそ英語だけでなく、文化を取り入れた多くの表現、知識、ローカル情報をご紹介していきたいと思います。 『HAPA』とは? 混血のことをハーフやミックス(最近はダブルともいいますね)と日本ではよく表現されますが、ロサンゼルス(カリフォルニア州)では「HAPA」と呼ぶことも一般的です。HAPAは元々ハワイ語から由来した言葉で「半分」または「一部」を意味します。その名の通り「Hapa Eikaiwa」=「ハーフがお伝えする英会話」です!

視聴回数 42,007,071回、チャンネル登録数42万人(2020/2/20時点)のYouTuberです!
実際に『Hapa 英会話』のどうがを見てみましょう(〃ω〃)

僕自身もめっちゃお世話になっているYouTuberです!(一方的にですがw)

とても日本人が抱きやすい疑問である「How are you?」に関しての動画でした。

皆さんはこの動画をどう感じたでしょうか?

学校の授業でテキスト片手に学んでいた英語に対して

これって本当に使うの?

という疑問を抱くことって結構あると思います。しかし、HAPA英会話ではJUNさん(投稿者)を始め実際に英語を使っている方々の実用的な英語に触れられます。

この他の動画でも実際にネイティブがどのように英語を使っているかについて

とても実践的な内容の動画が大量に挙げられています!

『Hapa 英会話』の魅力
  • とにかくめっちゃ分かりやすい(最大の利点!)
  • ネイティブの感覚で話してくれるからありがたい(*´ڡ`●)
  • 学んだ英語の実用性が高い!

この動画とかめっちゃ実用的です!
英語の塾講師をしてるんですけど、ここで学んだ知識を使わさせていただきました(>ω<)

一からやるのにおすすめの英語参考書3選

一からやるのにおすすめの英語参考書3選

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】(大岩秀樹 著)

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】(大岩秀樹 著)
『大岩のいちばんはじめの英文法(超基礎文法編)』review

高校に入ると、英語の勉強が雑になり、いつの間にかわけわからなくなってしまう人は多いと思います。たとえば、最初のころはサボってたけど、関係代名詞あたりから本気出そうと思って心機一転始めてみても、「ん?形容詞って何?形容詞節って?節って何だよ?」みたくなり、困ってしまうとか。そういう人が、復活の手がかりとして取り組むのにベストな本だと思います。もちろん、つまずく前に、早期から取り組めば、その後の学習がスムーズに進むはずです。この手の本は何冊か出ているのですが、この本がベストだと私が思う理由は、

①単語が難しくない
②本当に必要な基礎が説明されている
③記号等の使用に一貫性がある
④勢い等にまかせず、丁寧に説明している
⑤適度に色を使っていて見やすい
⑥本書の内容を理解すれば、学校の先生の説明や他の参考書の説明がわかるようになる

などです。私が読んでみた他の本では、最初から単語が難しかったり、勢いまかせで説明が雑だったりと、英語が苦手な人のことを本当に考えていないと思わせるものが結構あります。しかも、けっこう有名な先生の著作だったりするので、注意が必要です。英語で困っている人は、とりあえずこの本に取り組んでみてはいかがでしょうか。

高校生から社会人まで,英語学習者には「いちばんはじめ」に読んでほしい,中学レベルからの「超基礎」英文法を講義形式で教える本です。

参考書を実は最後まで読み切れたことがなかった自分が初めて最後まで読み切れた思い出の本であります٩(๑´3`๑)۶
めっちゃくちゃ懇切丁寧に解説されているので、疑問点ナシに読めると思います!!

この本を読んで、確実に基礎を固めて下さい。この記事を書く上でもう一度この本を読んだのですが、懐かしさと安定のわかり易さでしたww

注意

是非とも、本屋に行ってこの本を手にとって読んでみて下さい!

立ち読みでも十分に理解できる優しさですし、読んでてコレは簡単だなぁと感じられたらわざとこの本は買わず次に紹介する本から買うのも手です。

まずは、英語で書いてある文章の解説を読んで分かる、という状態が本を読んでいる間続く(なるべく長時間)ことでやる気が出ますし

その時の感覚を是非とも覚えておいて下さい! 英語学習のみならず、勉強をする上でめちゃくちゃ大事な感覚です。

僕の場合、高校時代に使っていた文法書が「ネクスト・ステージ」っていう文法問題書でただひたすら問題が羅列してあるだけだったので、読んでて辛かった記憶があります。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。(山田暢彦 著)

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。(山田暢彦 著)

『中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。』review

24時間で一周しました。解説を読んで直ぐ文法の演習に取り掛かれるので初心者にオススメ。
復習問題もあるので二周目はココを抑えれば十分だと思います。
ただ、これ一冊での網羅率は満足出来ません。高校入試にはもう少しレベルが必要なので、入門用と割り切って購入するなら最高の一冊です。

中学生向け参考書3冊の内容が,コンパクトサイズの1冊に集約されています。この1冊で,中学で学習するすべての文法項目を網羅されており、難しい用語を避けた解説で,超基礎からやさしく学べます!

動画での解説動画もあるので、モチベーション維持にぴったりなのもこの本を選んだという理由です٩(๑´3`๑)۶

中学内容を総復習するにはもってこいの参考書です!
練習問題のすべての英文が吹き込まれたCD(2枚)がついています。正しい読み方が確認できるだけでなく,音読練習を通じて「聞く・話す」力の基礎を養えます。
理系大学生の英語音読法【音読こそが最強の英単語の覚え方】

フォニックス発音トレーニングブック(ジュミック今井 著)

フォニックス発音トレーニングブック(ジュミック今井 著)

『フォニックス発音トレーニングブック』review

 英語も出来ないのに愛だけで一人ニューヨーク旅行に行った際に、事前の勉強用に買いました。読み(&聞き&話し)終わった頃にはもう以前のカタカナ英語を話すあなたはいないでしょう(笑)
旅行中に思ったのは、いくら文章を覚えてしゃべっても発音が変だと伝わらない、逆に発音さえちゃんとしていれば単語の羅列だけでも十分通じるということです。特にチェーン店のアルバイト従業員等だとくみ取ってさえくれようとしない人もいるので発音超大事です!(笑)
 ニューヨークの都会の方なら旅行で使う文例集とこれさえやっておけば、あとは中学で習う程度の単語力でも結構楽しめると思います(もちろん準備期間がある方はもっときちんとやったほうが絶対いいですが)!
 あとは表情とジェスチャーで乗り切る!!(笑)

リスニング・スピーキング力を高める上で必須なのが、「発音」

「発音」ルールを知らないデメリット

1. 英単語が正しく発音されない → 自分が話している内容が相手に伝わらない

2. 英単語が聞き取れない → 相手の話している内容が分からない

1,2をまとめて導き出される結論は、、、

「発音」ルールを知らないと会話が成立しない

自分が正しく発音できない英単語は聞き取ることができないので、「発音」をマスターする必要があります!

「発音」以外にも、リンキングやリダクションなどの英語特有のルールがあります(゚д゚)!

(リンキングやリダクションって何!?って思われた方は以下の記事を読んでみて下さい。1分弱で読めますw)

リスニングに役立つ英語音声変化総まとめ【短時間でマスター】

フォニックス「発音」ルールブックで、「発音」ルールをマスターされることをおすすめします٩(๑´3`๑)۶

発音は結構おざなりになりがちなので、一から復習する際には是非とも「発音」もしっかりとやっておきたいですね٩(๑´3`๑)۶

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。