【卒業旅行前に】理系大学生の旅行英語フレーズ集(空港・機内編)

どうも、理系大学生のSeigaです!
今回は、旅行中に使える便利な英語フレーズについてまとめた記事を書きました。

実際に使える表現ばかりなので、参考にしていただければありがたいです٩(๑´3`๑)۶

「転ばぬ先の杖」と言いますから、知っておいて損はないですよ!!

こんな方に読んでほしい記事
  • 卒業旅行前の大学4年生の方
  • 春・夏・冬休みに海外旅行に行く予定の大学生

最後まで読んでいただけると幸いです(*´ڡ`●)

空港・機内で使える英語フレーズ集

空港・機内で使える英語フレーズ集

海外旅行に行くときには、必ず空港を利用しますよね。入国審査・荷物受け取り・税関などで使う英語をはじめ、チェックイン・機内で使える定番フレーズを押さえておきましょう。

空港内で使える英語フレーズとその解説

After going through customs, just follow the signs to the train station.

税関を抜けたら、鉄道の駅への標識のとおりに進んでください。

ほかの答え方に、”It couldn’t be easier.” “Just follow the signs.” があります。

 

I need to book a flight to Hong Kong tomorrow morning.

香港行きの明日の朝の便を、予約しないといけないんですが。

need to . . .は文字通り「…する必要がある」という意味で、have to . . .と比べて、行動をとる必要性の度合いが高い状況に置かれている感じがします。

 

ABC Airways, flight 727 to Paris will depart from gate 18 at 10:30.

ABC 航空、727便パリ行きは18番ゲートから10時30分に出発いたします。

depart from … で「…から出発する」という意味です。

 

We’ll be taking off shortly.

当機はまもなく離陸となります。

soonを改まって言うとshortlyになります。We’ll be…ing のパターンは、予定について「…します」と事務的に言わず、ソフトに伝えるパターンで、余裕のある響きもあります。

 

The plane is on time.

飛行機は時間どおりよ。

on time は「時間どおりに、定刻に」という意味です。乗り物の運行状況について話すときに使える表現です。

 

Can I bring this on the plane?

これは機内に持ち込めますか?

Can I~の代わりにMay I~を使うのもアリですよ!

 

How much carry-on luggage can I take on the plane?

機内に持ち込めるのはどのくらいの手荷物ですか?

ほかのたずね方に、” What’s the limit for carry-on luggage ? ” などがあります。

 

Your bag is 8 pounds overweight.

お荷物は8ポンドオーバーです。

正確には8 pounds over the weight allowance (許容重量を8ポンド超えて)と言いますが、副詞のoverweightで簡略化したこの表現もよく使われます。

 

It’s time to get on board.

搭乗時刻だね。

It’s time to…. で「…する時間、時刻です」という意味です。「ハワイを去る時間です」は It’s time to leave Hawaii. と言います。

 

Where is the departure gate?

搭乗口はどこですか?

departure gate「搭乗口」は知っておきたい英単語ですね!

 

I’d like to confirm the arrival of a flight from Tokyo, Japan.

日本の東京からのフライトの到着について確認したいのですが。

<I’d like to confirm …>は「…を確認したいのですが」という表現です。

 

It takes about thirty minutes to go through customs and baggage claim.

税関と手荷物受取所を通るのに30分くらいかかるね。

< It takes +時間>で「時間がかかる」「時間を要する」という意味を表します。

飛行機に搭乗するときに使える英語フレーズとその解説

飛行機に搭乗するときに使える英語フレーズとその解説

「飛行機」に乗る前には、空港のチェックインカウンターで搭乗手続きをします。チェックインカウンターで想定されるやり取りを確認しましょう。

パターン1

Hello! Check in, please.
搭乗手続きをお願いします。

※自分から、挨拶として初めに発言しましょう。カウンターについたら、まずこのフレーズで搭乗手続きをお願いします。

パターン2

May I see your passport, please?
パスポートを拝見してもよろしいですか?

※回答例:Yes, here it is./はい、こちらです。カウンターで聞かれたら、すぐに提示しましょう。

パターン3

Where is your final destination?
最終目的地(渡航先)はどちらでしょうか?

パターン4

Would you like an aisle seat or a window seat?
お席は通路側、窓側どちらがよろしいですか?

※回答例:Window seat, please./窓側の席をお願いします。希望があれば、窓側か通路側どちらかを伝えます。

パターン5

How many bags would you like to check in?
お預けになる荷物はいくつありますか?

※回答例:Two bags./2個です。預ける荷物の数や重さに制限があります。制限をこえてしまった場合の超過料金は国際線の場合は金額が高くつくことが多いです。また、持ちこめる手荷物の大きさ、数も決まっているので事前に航空会社のホームページ等で確認しておきましょう。

パターン6

Thank you for waiting. Here is your boarding pass.
お待たせしました、こちらが搭乗券です。

パターン7

Your flight gate is No.10.
10番搭乗口です。

カウンターで手続きが終わり、搭乗券を受け取ったら早めに手荷物検査場(security check)へ進みましょう。海外の場合、テロ対策などで特に厳しくチェックしている場合があり、検査に時間がかかる場合があります。

手荷物検査が終わったら、搭乗口(boarding gate)へ進みます。搭乗口の番号は、搭乗券に記載されています。

機内で使える英語フレーズとその解説

機内で使える英語フレーズとその解説

Excuse me.(すみません。)と客室乗務員を呼び止める時等に使う短い英語表現のように、知っていだけでも役立つ英語フレーズがあります。

機内で借りたいものがある場合の英語表現

Can I have some water?
お水をいただけますか?

Can I have a blanket?
ブランケットをお借りできますか?

この「Can I have ~?」は様々な場面で使える表現なので是非覚えておきましょう。お水や、ジュース、お茶など飲み物がほしい場合や、ブランケットなどを借りたい場合もこの表現でOKです。

もう少し丁寧な言い方で、May I have ~?でも同じような意味です。

機内の席に関する英語表現

Where is my seat?
私の席はどこですか?

※席がわからない場合は、チケットを見せて確認しましょう。

I’m afraid you’re in the wrong seat.
すみませんが、お席が間違っているようです。

※自分の席に既に誰かが座っている場合、相手に席が間違っていると伝えるための英語です。

May I move to that seat?
席を移動してもいいですか?

※客室乗務員に確認します。

May I recline my seat?
シートを倒してもいいですか?

※後ろの席の人に確認する場合の一言です。

May I get through?
前を通ってもよろしいですか?

トイレにたつ時や、搭乗して席に座るときに通路側の人に道を開けてもらう時に使うフレーズです。

Would you please pull down the blind?
ブラインドを閉めていただいてもよろしいですか?

ちょっとしたトラブルでの英語表現

Earphone is not working.
イヤフォンが作動しません。

「~is not working.」は、「~が作動しません、動きません、壊れているようです」という意味のフレーズです。イヤフォン以外にも、映画を見る画面や照明などが動かない場合にもこのフレーズを使います。

Is there a Japanese flight attendant?
日本人の客室乗務員の方はいらっしゃいますか?

※日本発着の便の場合は、海外の航空会社でも日本人の客室乗務員が乗務していることがほとんどです。もし、トラブルが起きてしまった時に英語に自信がない時は、日本人乗務員又は日本語を話す乗務員を呼んでもらいましょう。

添乗員にちょっとした質問をする英語表現

Where are we now?
今どのあたりを飛んでいますか?

How long is the flight?
フライト時間はどれくらいですか?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。