大学の卒業証明書を英語で【例文を含め詳しく解説】

どうも、理系大学生のSeigaです!
今回は、大学の卒業証明書を英語で表すとともに、例文を通して詳しく解説していきます!
さらっと確認する程度で大丈夫です。(*´ڡ`●)

大学の卒業証明書は英語で『degree』

大学の卒業証明書は英語で『degree』

degree』以外に似たような表現として、

  • diploma
  • certificate
  • certification
  • Qualification
  • certificate of graduation 
  • graduation certificate

などがあります(*´ڡ`●)

さらに、単語レベルで意味を説明すると以下の通りになります!
certificate: 証明書、修了(卒業)証書
certification: 証明(認定)書
diploma: 高校卒業証書
qualification:コース・職業訓練校卒業証書

『degree』を含む例文

The University rector handed over the degrees.
(大学の学長は学位を手渡しました。)

 

She got a Social Work degree at the University.
(彼女は、大学でソーシャルワークの学位を取得しました。)

 

He received his doctor’s degree from a Chinese university.

(彼は中国の大学から博士号を授けられた。)

さらっと目を通すだけで大丈夫です!!

『degree』の語源

㋙㋫degre(程度)→㋶degradus(階段の段)→㋙㋫de-(~から下へ)+㋶gradus(階段の段)が語源。「階段の段(degradus)」がこの単語のコアの意味。㋓graduate(卒業する)と同じ語源をもつ。

(語源英和辞典)

『degree』の関連語

『degree』の意味を英語で説明

  • (noun) One of a series of steps in a process, course, or progression; a stage: proceeded to the next degree of difficulty.
  • (noun) A step in a direct hereditary line of descent or ascent: First cousins are two degrees from their common ancestor.
  • (noun) Relative social or official rank, dignity, or position.
  • (noun) Relative intensity or amount, as of a quality or attribute: a high degree of accuracy.
  • (noun) The extent or measure of a state of being, an action, or a relation: modernized their facilities to a large degree.

語源で探る英単語(『degree』とセットで他の単語も覚える!)

 progress(進歩)とは「pro-(前へ)gress(進む)」という意味です。ラテン語のgradus(歩)から発展したものです。ゲルマン語系の「歩」を表すstepを使うとmake a step forward (一歩前へ進む)となります。また、take a step backward とすると「一歩戻る」という意味になり、ラテン語系の語ではregress(後退する)と同じです。progress(進歩)は動詞でも同形で「進歩する」という意味です。今までのやり方とは異なる進歩的な教育を行なう学校をprogressive schoolといいます。

 上記の gress に。「方向」のtoを意味する接頭辞のag-と「人」を意味する接尾辞の -or をつけるとaggressor(侵略者)となり、aggressionが「侵略」です。銃などの武器を持ちながら一歩一歩、進行するといったイメージです。aggressorの行為を描写する形容詞がaggressive(侵略的な)です。また、法律などの範囲をtrans-(越えて)行くのがtransgress(違反する)で、transgression=「違反」、transgressor=「違反者」です。

 攻撃や違反とは異なり、みんなでcon- (一緒に)+「行く所」をcongress(議会)といいます。「米国議会」は大文字のCで Congress とつづります。そこで議論する人がCongressman(米国議会議員)です。反対に、集まるのではなく「分離」を意味する接頭辞のdi- をつけるとdigress(本筋を離れる、脱線する)という語ができます。そのような行為がdigression(脱線)です。さらに「過去」を表す接頭辞のretro- をつけるとretrogression(退化)となります。どちらの方向へ歩を進めるかによって意味が全く異なってしまうので注意が必要です。

 さて、grade(階級)は元来「行く」の意味があり、フランス語から英語に入った単語です。gradeに形容詞を形成する接尾辞の -alをつけるとgradual(徐々の)ができます。一歩一歩、階段を上っていく様子を表す語です。degree(学位)も語源は「階段」で、一歩一歩上っていった階段の「下への (de) 一歩 (gree)」の意味です。graduate(卒業する)とは「degree(学位)を得る」ということです。grade(階級)にdownを意味するde- という接頭辞をつけるとdegrade(品位を落とす)となります。

 動物学ではどのようにして動物が移動するかをgradeを使って分類しています。pinnigradeを「ひれ足で動く動物」、plantigradeを足の裏全面を地につけて歩く原始的な「蹠行<しょこう>動物」と呼んで、ネコのように指骨だけを地につけて歩く、digitigrade (趾行<しこう>動物)や馬のようにひずめだけを地につけて歩くunguligrade(蹄行動物)と区別しています。

最後まで読んで下さってありがとうございました٩(๑´3`๑)۶

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。