英語:主語を表わす所有格の賢い訳し方【大学生がわかりやすく解説】

所有格って「~の」と訳すだけじゃないん?

どうも、Seigaです。

解説をするまえに、実際に解いてみましょう!

The dog’s attempts to climb the tree after the cat came to nothing.

※attempt(可名:試み 動:attempt「~を試みる・企てる」)

※came to nothing(無駄になった)

こんな方に読んでほしい記事
  • The dog’s attempts ” を「犬の試み」もしくは、「その犬の試み」と訳した方

直訳すると、

「猫の後に木に登ろうとする犬の試みは無駄になった。」

文章の意味は分からなくはないけど、「犬の試み」って部分が固い訳になっている印象がありますね。

本記事の内容
  • 所有格のかしこい訳し方をマスターする!
  • 訳出を通して読解力を鍛える!

所有格を「~の」と訳すことの問題点

所有格を「~の」と訳すことの問題点は実にシンプル!

所有格は「~の」と訳すと、理解しにくい訳になる!!

「犬の試み」って日常会話でも使わないですし、文章でもまず見ることはないですね。

The dogs attempts

” after the cat ” が ” the tree ” を修飾していて ” The dog’s attempts to climb the tree after the cat ” で長い主語になっています。

結論、こんな訳をしてみました!

The dog’s attempts to climb the tree after the cat came to nothing.

犬は、猫の後を追いかけて何度も木に登ろうとしたが、無駄だった。

主語を表わす所有格を訳すときの公式

” attempts ” という名詞の中には、” attempt “という動詞の概念が含まれています。

では「試みる」のは誰なのか、その主語を表しているのが ” The dog’s ” という所有格です。

(実際、” The dog’s attempts ” が主語の一部であることからも、主語を表わす所有格であることは明らかです!)

主語を表わす所有格を訳すときの公式

所有格+名詞 → 主語+動詞

公式に従って文章を訳してみる

実際にやってみましょう!

The dog’s attempts to climb the tree after the cat came to nothing.

The dog attempted to climb the tree after the cat, but the attempts came to nothing.

「犬は、猫の後を追いかけて何度も木に登ろうとしたが、無駄だった。」

こうすれば「犬の試み」ではなく、「犬は」から訳することができ、自然な文章へと近づくのではないでしょうか?

MEMO

attempts ” と複数形の ” s ” が付いています。

つまり、この犬は1回だけじゃなくて何回も試みたことが分かります!

ただし、この部分を意識しすぎて、” The dog’s attempts ” を「犬の何度もの試み」としてしまうと、もっと固い訳になってしまいます(;´д`)トホホ…

 

そこで活かせるコツが

 

原文の複数形を、副詞を使って移し変える!

 

何度も木に登ろうとした」と副詞を使うと、きれいな訳に仕上がりますよ(๑´ڡ`๑)

主語を表わす所有格を含む例文でトレーニング

主語を表わす所有格を含む例文でトレーニング

1問目

The teacher’s absence provided a good opportunity for the pupils to get into mischief.

※absence(不可名:欠席、形容詞 absent の名詞形)

※pupils(可名:生徒たち)

※get into mischief(いたずらをする、ふざける)

「先生の不在が、、、、」と訳すのではなくて、


解答

The teacher’s absence ” が「所有格+名詞」になっているので、公式通り「主語+動詞」とすると

The teacher’s absence provided a good opportunity for the pupils to get into mischief.

The teacher was absent, and that provided a good opportunity for the pupils to get into mischief.

「先生がいなかったので、これ幸いと、生徒たちはいたずらを始めた。」

2問目

The Norman’s conquest of England in 1066 had a great effect on the English language.

※conquest(不可名:征服、動詞 conquer 「~を征服する」の名詞形)

「1066年のノルマン人のイギリスの征服は、、、」は誤訳じゃないけど、のばっかりで稚拙な感じがします。


解答

The Norman’s conquest ” が「所有格+名詞」になっているので、公式通り「主語+動詞」とすると

The Norman’s conquest of England in 1066 had a great effect on the English language.

The Norman conquered of England in 1066, and that had a great effect on the English language.

「1066年にノルマン人がイギリスを征服したことが、英語に大きな影響を与えた。」

分かってきたゾ!

こんな風に思っていただければ幸いです!
最後にまとめです(*´ڡ`●)

主語を表わす所有格を訳すときのコツまとめ

  • 所有格を「~の」と訳すと、理解しにくい訳になることが多い。
  • 主語を表わす所有格(所有格+名詞)は「主語+動詞」で訳す。
  • 原文の複数形を、副詞を使って移し変える。

上手い訳に共通していえることは、原文の思考の流れを乱さないこと!

結局は、筆者の意図をくみ取ってそれを崩さない訳こそ上手い訳です。

英語は『前から訳す』のが基本【英文攻略本】

ぜひとも、この記事を読んでいただければ幸いです(๑´ڡ`๑)

ここまで読んでいただきありがとうございます!

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。